生さんま みんなでイイ気持ち!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
生さんま みんなでイイ気持ち! everybody be comfortable!!!!
ジャンル バラエティ番組
放送時間 金曜 19:30 - 20:54(90分)
放送期間 1995年10月20日 - 12月22日(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
プロデューサー 加茂裕治
出演者 明石家さんま
中居正広(SMAP)
大塚範一
中山エミリ
ほか
テンプレートを表示

生さんま みんなでイイ気持ち! everybody be comfortable!!!!』(なまさんま みんなでいいきもち)は、1995年10月20日から同年12月22日までフジテレビ系列局で放送された明石家さんまが司会の生放送バラエティ番組である。放送時間は毎週金曜 19:30 - 20:54 (JST) 。

番組自体がワールドカップバレー中継で頻繁に中断し、さらにさんまが番組を降板したことにより、1クール(全7回)で打ち切られた。タイトルが「生さんま」と示している通り、第1回目の放送は生で行われたが、あまりにグダグダな内容だったためにその後は収録放送になった。

なお、最終回は『特上さんまクリスマスパーティー!みんなですっげぇイイ気持ち!』というタイトルで19:00 - 20:54の拡大版で放送されたが、当日の各新聞のテレビ欄には最終回のマークが付けられていなかった。

司会[編集]

パネラー[編集]

主なコーナー[編集]

教えて!アミーゴ[編集]

  • さんまとゲストとのトークコーナー。

聖クレーン伝説[編集]

  • 中居正広の進行で、ゲストの家族2組が、回答者ご指名クイズで対決したのち、勝者のチームが人間クレーンに挑戦する。

ガッテン大塚道場[編集]

  • 大塚範一が様々なことに挑戦する。

新築ライトアップ[編集]

  • 一般視聴者の自慢の新築を大島渚のアドバイスの下、華麗にライトアップする企画。

なぞなぞ道場[編集]

  • 太鼓の音と共に一般視聴者が現れ、さんまを始めとする司会者やパネラーになぞなぞを出す。答えられないと、商品が貰える。

あんたのおなまえナンバーズ[編集]

  • 出演者が音楽(トニー谷の歌「あんたのおなまえ何ァんてェの」)に合わせて、(さんま)「あんたのおなまえ」(出演者)「ナンバーズ!!」と叫ぶと、頭上から「あ」から「ん」まで書いた45枚の紙切れ(「を」は無し)が降りて来る。その中から3~4枚選び、その文字が名前の中に入っている視聴者は、番組宛に葉書を出す。抽選で賞金が貰える。
  • 初回では「ぢぢざお」の付く名前を募集したところ、1通のハガキが番組宛てに届いて当選したが、明らかに当選した本人が免許証をコピーして下の名前を直したやらせ工作ではないかと思われる。
  • それ以後、途中ルールを変えず3〜4つ全て名前が入った人が中々出なかったと思われる。

エピソード[編集]

  • さんまの友人で歌手の松山千春がお祝儀袋の被り物を着て登場し、さんまのリクエストで「大空と大地の中で」をギターで弾き語りした。が、スタッフのミスでギターの音が途中からしか放送されなかった。
  • さんまとゲストとのトークコーナー「おしえてアミーゴ」のゲストに唐沢寿明が登場したが、その放送は収録だったが、放送日当日に、唐沢と山口智子が結婚することになり、急遽最初の数分間だけさんまと唐沢だけが控え室のような部屋で生で2人でトークをし、スタジオへ向かうフリを行った。
  • 最初は生放送で、その後すぐに収録放送に変更されたが、最終回だけは再び生放送で、ゲストでSMAP6人が出演した。
  • 最終回2日前に、日本テレビで「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」を生放送しており、3日以内にさんまとSMAPが出演する生放送番組が2回も放送されたことになる。

関連項目[編集]

フジテレビ 金曜19:30 - 20:54枠
前番組 番組名 次番組
キャプテン翼J
(19:30 - 20:00)
魔法のランプ!
(20:00 - 20:54)

単発特番
生さんま
みんなでイイ気持ち!