水10!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水10!』(すいじゅう!)は、フジテレビ系列で毎週水曜22:00 - 22:54に放送されたコンプレックス番組枠である。全編ステレオ放送[1]を実施。

約30分ずつ2本の番組を放送しており、『オリキュン』(2007年9月12日終了)と『ココリコミラクルタイプ』(2007年9月26日終了)が放送された。過去に『ハッピーボーイズ!』と『ワンナイR&R』が放送された。

概要[ソースを編集]

2002年4月10日、“ドラマ界に『月9』があるなかでバラエティ界にも曜日と時間が付く番組があってもいいじゃないか”と、かつての同局の人気番組『オレたちひょうきん族』が前半にひょうきんベストテン、後半にタケちゃんマンのコーナーがあったように「新しい形のバラエティとして2つで1つという『水10!』の番組を作っていきたい」と初代のプロデューサー・荒井昭博が述べたコンセプトの下「水10!」が作られた。

ハイビジョン制作となったのは2007年4月4日の『水10!スペシャル』からでこれによりフジテレビのプライムタイムのレギュラー番組は全てハイビジョン制作となった。

番組開始後[ソースを編集]

2002年3月まで水曜23時枠の30分番組で放送していた『ココリコミラクルタイプ』と新企画『ハッピーボーイズ!』の2本立て構成で番組がスタートした。開始した当時は、前半・後半は決まっておらず不定期に変更しており、番組自体の方向性が定まらない状態であった。

しかし、同年10月より『ハッピーボーイズ!』が『ハッピーボーイズアワー爆笑おすピー問題!』としてゴールデンに進出したのに伴い、深夜枠で人気を博した『ワンナイR&R』を編入して前半は『ワンナイ』、後半は『ミラクルタイプ』と固定され、『水10!』は正式なお笑い番組として確立された。これにより『ワンナイ』はレギュラー番組として全国ネットで視聴できるようになり、『ミラクルタイプ』もこの頃から高視聴率を連発するようになった。

突然の不祥事[ソースを編集]

2003年8月に『ワンナイ』で『王シュレット事件』や『和光堂粉ミルク事件』といった2週続けての不祥事を起こし、事件の被害を受けたスポンサーがこの番組のみならずフジテレビ他番組での提供を一時降板、この年のプロ野球日本シリーズのフジテレビ・FNS系列(NNNにも加盟しているテレビ大分・ANNにも加盟しているテレビ宮崎を除く)での放送が出来なくなった。8月27日の『ミラクルタイプSP』では一部のスポンサー中止があり、9月3日から17日までは提供クレジットを中止、当時番組を提供した全てのスポンサーが当面CMのみになった。『ワンナイ』は不祥事を起こしたコントを中止しリニューアルした形で番組自体は存続されたが、この年の12月までは『ワンナイ』のタイトルは省略、テレビ雑誌では放送内容を隠していた。また、公式サイトは一時的に情報サイトを『水10!』、ワンナイ関係のサイトは『水10!インフォメルーム』として変更された(『水10!』ココリコミラクルタイプ関係のサイトはその間も通常運営していた)。

2006年12月20日に『ワンナイ』は打ち切りとなった。同番組の打ち切りに伴い、2007年1月から深夜番組だった『オリキュン』を昇格させた。2007年8月15日に『ミラクルタイプ』の『ミラクルさん家で衝撃トークSP』にて番組終了が告知され、『オリキュン』は2007年9月12日に単独スペシャルをもって終了し、『ミラクルタイプ』も2007年9月26日に単独スペシャルをもって終了し、『水10!』は5年半の歴史に幕を閉じた。

番組構成[ソースを編集]

初期(2002年4月10日 - 2002年9月18日)[ソースを編集]

中期(2002年10月23日 - 2006年12月20日)[ソースを編集]

  • 22:00 - 22:26 『ワンナイR&R』(第2期)
  • 22:26 - 22:54 『ココリコミラクルタイプ』

末期(2007年1月17日 - 2007年9月5日)[ソースを編集]

  • 22:00 - 22:26 『ココリコミラクルタイプ』
  • 22:26 - 22:54 『オリキュン

変遷[ソースを編集]

前半 年月 後半
ハッピーボーイズ 2002 04 ココリコミラクルタイプ
ワンナイR&R 10
オリキュン 2007 01
ココリコミラクルタイプ オリキュン
03
オリキュン ココリコミラクルタイプ

補足[ソースを編集]

  • 放送時間は全て日本時間である。
  • 番組初期時代は前半・後半は決まっておらず、不定期に変更していた。
  • 2007年1月31日から3月14日までの間は前半と後半入れ替えて放送していた。
  • 通常編成(1時間)で1番組を拡大しもう1番組が休止となるスペシャルが放送される場合がある。また、両番組が1時間ずつの2時間スペシャル、1本のみの90分 - 2時間超のスペシャルが放送される場合もある。
  • 2番組の間には、クッションとして水10!枠の短いロゴ映像が挿入される(『仮面ライダー』の主題歌『レッツゴー!!ライダーキック』の冒頭部分がジングルとして使われている)。但し、『ワンナイR&R』時は冒頭のロゴ映像がない。

ネット局[ソースを編集]

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
青森県 青森テレビ TBS系列 遅れネット
岩手県 岩手めんこいテレビ フジテレビ系列 同時ネット
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
新潟県 新潟総合テレビ
長野県 長野放送
山梨県 テレビ山梨 TBS系列 遅れネット
静岡県 テレビ静岡 フジテレビ系列 同時ネット
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ
広島県 テレビ新広島
山口県 山口朝日放送 テレビ朝日系列 遅れネット 2004年4月から同年9月まで[2]
テレビ山口 TBS系列 2005年1月から
岡山県
香川県
岡山放送 フジテレビ系列 同時ネット
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
遅れネット
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
同時ネット
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ

PTAの評価[ソースを編集]

日本PTA全国協議会主催の「子供メディアに関する意識調査」より「親が子どもに見せたくない番組」

  • 2003年度: 第2位
  • 2004年度: 第2位
  • 2005年度: 第5位
  • 2006年度: 第7位

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 但し、『ワンナイR&R』はモノステレオ放送を実施しており、拡大スペシャル放送時はモノラル放送を実施した。
  2. ^ 『土曜パラダイス』のタイトルで、土曜午後に放送されていた(ただし、新聞表記上は『水10!』のままであった。)。
フジテレビ 水曜22時枠
前番組 番組名 次番組
水10!