お笑いスター誕生!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お笑いスター誕生!!
Korakuen Hall 2007.jpg
番組の公開収録が行われていた後楽園ホール
ジャンル お笑いオーディション番組
放送時間 土曜 12:00 - 13:00
(第1回 - 1985年9月)
土曜 17:30 - 18:30
(1985年10月 - 最終回)
放送期間 1980年4月12日 - 1986年9月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 井原高忠
演出 赤尾健一
プロデューサー 中島銀兵
出演者 山田康雄
中尾ミエ
ほか
テンプレートを表示

お笑いスター誕生!!』(おわらいスターたんじょう)は、1980年4月12日から1986年9月27日まで日本テレビ系列局(一部の系列局を除く)で放送された日本テレビ製作のお笑いオーディション番組。略称は「お笑いスタ誕」(おわらいスタたん)。同じく日本テレビ系列局で放送されていた歌手オーディション番組『スター誕生!』の兄弟番組である。

概要[編集]

司会は、ルパン三世の声やクリント・イーストウッドの吹き替えで知られる俳優・山田康雄と、スパーク3人娘で人気を集めた歌手・中尾ミエが務めた。

お笑いオーディション番組とはいえ正統派のオーディションであったため、歌手オーディション番組である『スター誕生!』(兄弟番組)や、読売テレビの『全日本歌謡選手権』とともに実力勝負が要求されていた。厳正な審査ならびに審査員による辛口批評が行われていたのが特徴である。

基本的には視聴者参加であるが、『全日本歌謡選手権』同様「プロアマ合同」である。出場者には修行中である大物芸人の弟子がかなり出場していた。

オープニングは、「スターへの道は細くて長い。今週もスーパースターの座を目指して熾烈な戦い(サバイバル戦)が繰り広げられる。お笑いスター誕生!!」という山田のナレーションでスタート。対するエンディングは、「スターへの道のりは自分との長い戦いである。その戦いに勝ってこそ栄光をつかむことができるのだ。未来を目指す者はいつもくじけることを知らない。目指せ!スーパースター(ゴールデンルーキー賞)。偉大なるスーパースターとしてスポットを浴びるその日まで、飽くなき戦いがあるのみだ」という山田のナレーションで締められていた。

番組収録は、1984年2月までは山野ホールに、その後は後楽園ホールに一般観覧客を招いて行っていた。いずれも使用できなかった時は、蒲田の日本電子工学院ホールが使用された。

放送時間[編集]

  • 土曜 12:00 - 13:00 (1980年4月12日 - 1985年10月12日)
  • 土曜 17:30 - 18:30 (1985年10月19日 - 1986年9月27日)

概要・変遷[編集]

グランプリシリーズ(1980年 - 1983年)[編集]

厳しい予選を勝ち抜いた挑戦者が、「10週勝ち抜きグランプリ」(グランドチャンピオン)を目指す。なお、3週勝ち抜きで「銅賞」、5週勝ち抜きで「銀賞」、8週勝ち抜きで「金賞」が獲得できる。挑戦者はプロ・アマを問わず毎週5組程度が出演。

番組の最後に審査結果が挑戦者順に発表される。挑戦者は緊迫感のあるティンパニロールと不協和音が鳴りながら舞台中央に設置された回転するカプセル風のセットに入って登場して正面を向いたところで止まり、合格ならファンファーレ(合格・グランプリともに同じ)鳴り響くとともにドアが開いて舞台に再登場できるが、不合格なら間の抜けた音楽が流れカプセルが回転し退場。同時に裏から出てくる次の挑戦者の審査結果の発表へ移っていく。なお、不合格となったら最低2か月間は再挑戦できず、再挑戦する場合は不合格となった週(ただし2週勝ち抜き以降)から挑戦する形だった。

ゴールデンルーキー賞シリーズ(1980年 - 1982年)[編集]

グランプリシリーズで銀賞・金賞を獲得しながらあと一歩グランプリに届かなかった参加者を対象にした大会で、期間中(3か月 - 半年を1シリーズ)の得点累計で優勝者を決定。第1回はギャグ・シンセサイザー、第2回はアゴ&キンゾー、第3回はファニーズが優勝した。

審査結果発表はグランプリシリーズ同様、挑戦者が舞台中央に設置された回転するカプセル風のセットに入って登場するが(BGMは異なる)、いずれもドアが開いて舞台に再登場し、そこから パタパタ式表示板で得点を発表するのが特徴。全員の得点が発表されて審査員のコメントの後、全挑戦者の累計得点順に表示板が並べ替えられて終了。

サバイバルシリーズ(1983年)[編集]

ゴールデンルーキー賞シリーズをリニューアル。グランプリシリーズであと一歩グランプリに届かなかった20組を対象に、勝ち抜きトーナメント形式で優勝者を決定した。優勝はキモサベ社中

オープントーナメント サバイバルシリーズ(1984年 - 1986年)[編集]

前述のサバイバルシリーズを、オープン参加に移行。25組を対象に勝ち抜きトーナメント形式で優勝者を決定する。毎週5組(決勝のみ4組)が登場し、審査員10名による得点累計の上位者(1回戦3組(25→15)、2回戦3組(15→9+敗者復活1組)、準決勝2組(10→4)、決勝1組。)が勝ち上がる。優勝賞金は100万円。計7回行われた。優勝者は下記参照。

審査結果発表はゴールデンルーキー賞シリーズ同様、挑戦者全員がカプセルから舞台に再登場し(BGMはゴールデンルーキー賞を若干短縮したもの)、そこからドラムロールとともに電光掲示板(棒グラフ)で得点を発表する。全員の得点発表後、中尾ミエの「さぁ〜、誰が落ちたかなっ?」の掛け声で、グランプリシリーズの不合格時と同じ間の抜けた音楽が流れ、同時に電光掲示板にある不合格者の名札がひっくり返される。決勝では挑戦者4組の得点が一斉に発表され、最高得点を獲得した1組が優勝の栄冠に輝く(優勝決定のファンファーレは当シリーズ独自のもの)。

激突!!団体戦シリーズ 爆笑紅白大合戦(1984年 - 1986年)[編集]

オープントーナメントサバイバルシリーズと交互に放送されていた、当番組唯一の団体戦。24組の参加者が紅組と白組に分かれ、各自2本ずつのネタを披露し、総得点で勝敗を争った。紅組はひびきわたる、白組はミスター梅介がキャプテンを務めた。優勝チームには60万円(最終シリーズでは90万円)、最優秀個人賞には30万円、優秀個人賞2組には各5万円が贈られた。4回実施したが4回とも白組の勝利だった。

グランプリ決定時の演出(グランプリシリーズ)[編集]

グランプリの懸った審査結果発表の際、山田、中尾が「さあ!!グランプリです!!どうぞ〜っ!!」と言い、ステージが暗くなり、挑戦者の乗っているカプセルにスポットライトが当たる。緊迫感のあるティンパニロールと不協和音が鳴り終わってカプセルが止まり(ここまではグランプリ以外も)、グランプリが決定した瞬間には、ファンファーレ(合格・グランプリともに同じ)が鳴ってセットの電飾が光る。ステージが明るくなってカプセルから出る時に天井から大量の紙吹雪が降り、ファンからの紙テープ花束による祝福を受けた。さらに出場者の一部からグランプリ(優勝)を決めた瞬間、胴上げされるユニットもいた。ただ、各賞の決定後に表彰がある(後述)ため、花束の贈呈はそのあとでやるようにと山田が言っているにもかかわらずフライング気味に手渡すファンもいた。

なお、テレビ画面には、「おめでとう!!グランプリ獲得(挑戦者名)!![1]」の字幕スーパーが画面一杯に出る。そして表彰の際、審査委員長の桂米丸から賞状とゴールデントロフィー(銀賞、金賞も同様。銅賞はトロフィーのみで表彰式はない)が授与された。

他のシリーズも優勝すると、同様の演出となる。

挑戦者に対するテロップ表示(グランプリ以外)[編集]

  • 演技披露の時 「(勝ち抜き週)目に挑戦! (参加者名)(ジャンル)」
  • 審査発表の時 「(参加者名) (勝ち抜き週)目なるか?」
  • 合格決定時 「合格!!」(通常はその下に「来週もガンバレ!!」と表示されるが、グランプリが近づくとこの他に「がんばれあと一歩!!」に変わる。また金賞などの各賞受賞時には「おめでとう!(受賞する賞名)獲得!!」
  • 不合格決定時 「残念!!」(挑戦する週によって「また来いよ!!」「健闘を称えます。再度チャレンジを!!」等が追加)

グランプリ獲得者[編集]

太字はストレートでのグランプリ達成者

オープントーナメントサバイバルシリーズ(1984年 - 1986年)優勝者[編集]

主な出場経験者[編集]

審査員[編集]

グランプリシリーズの審査方法は20項目による項目数で決める。審査基準の項目数は勝ち抜き数によって変わっていき、勝ち抜き数が上がるほど厳しくなっていく。10週連続勝ち抜きグランプリ達成のためには、審査基準20項目全てに合格しなければならなかった。

観客の「笑い声」もステージ横の電光グラフ板に表示されて、これも審査の対象になる。

結果発表後の審査員の講評は、審査委員長の桂米丸よりも、京唄子が合否判定の理由や指摘事項を説明することが多かった。

番組終了とその後[編集]

1985年10月に放送時間が変更され、以後は土曜17:30枠で放送されるようになった。それから1年後の1986年9月27日に番組は終了し、6年半の歴史に幕を閉じた。

番組終了から19年後の2005年、日本テレビ系24時間テレビ』内で、看板や幕などセットを組んで一夜限りで番組が復活した。進行は爆笑問題、出演者紹介のナレーションは、故人となった山田康雄に代わって栗田貫一が務めた。当時の出演者のほかに、ますだおかだがB&B、庄司智春品川庄司)がぶるうたすに扮し当時のネタを再現した。

番組終了から26年後の2012年1月1日から1月3日までCS放送のホームドラマチャンネルで「お笑いスター誕生!! セレクション」と題して3日間放送された。1月1日は、1980年12月27日放送分の1980年に同番組にチャレンジした挑戦者のハイライト集「爆笑総集編」、1月2日は、1981年4月4日放送分のコロッケイッセー尾形マギー司郎などの若かれし姿の本芸を披露した「悶絶!異色スター大会」、1月3日は、1982年4月10日放送分のとんねるずが10週勝ち抜きグランプリを獲得した貴重な映像が放送された。

スタッフ[編集]

  • 企画:井原高忠
  • 構成:出倉宏
  • 音楽:永作幸男
  • 美術:高野豊
  • ディレクター:高木泰雄
  • 演出:赤尾健一
  • プロデューサー:中島銀兵
  • 制作協力:日企
  • 製作著作:日本テレビ
  • ほか

ネット局[編集]

  • 当番組は一部の日テレ系列局を除いてのほぼ全国ネットでありながら、キー局はローカルセールス枠内での放送のため、各ネット局も土曜日や日曜日の午前・午後・夕方など、それぞれ異なる時間帯に放送していた所が多い。また、ネット局の編成の都合により休止になった回も見られる。
  • なお、系列は当番組終了時(1986年9月)のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ 1980年10月4日開始、1983年12月24日まで放送[2]
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1983年3月26日まで放送[3]
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列 [4]
山梨県 山梨放送
新潟県 テレビ新潟 開局直後の1981年4月から
長野県 テレビ信州 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
開局直後の1980年11月1日から 時差ネット[5][6]
静岡県 静岡第一テレビ 日本テレビ系列
富山県 北日本放送
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井放送 日本テレビ系列
中京広域圏 中京テレビ
近畿広域圏 読売テレビ
広島県 広島テレビ
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県
岡山県
西日本放送 [7]
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送 1980年10月4日から開始[8]
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
[6]
熊本県 熊本放送 TBS系列 番組開始から1982年3月まで
熊本県民テレビ 日本テレビ系列 開局直後の1982年4月から
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
番組開始から1985年3月まで[9][10]
沖縄県 琉球放送 TBS系列

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ サバイバルシリーズの時は「グランプリ獲得!!」の箇所が「100万円獲得!!」に代わっている
  2. ^ 13:00開始の時差ネット。当時の北海道新聞テレビ欄より確認
  3. ^ 1983年3月26日の山形新聞テレビ欄には「終」マークが無かったが、その後の山形新聞テレビ欄では番組の放送が確認できず。
  4. ^ 1981年9月30日までテレビ朝日系列にも加盟。
  5. ^ 1980年11月1日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  6. ^ a b NNS非加盟(但し、TSBは日テレ系シングルネット化完了後の1991年4月1日より加盟)。
  7. ^ 但し、1983年3月までの放送対象地域は香川県のみ。
  8. ^ 13:00開始の時差ネット
  9. ^ ネット改編に伴い打ち切り。日テレ系列局の中で、当番組末期(1985年4月〜1986年9月)はKTSの他、TOSUMKの計3局が未放送。
  10. ^ 1982年9月30日までテレビ朝日系列にも加盟。
日本テレビ 土曜12時台
前番組 番組名 次番組
お笑いスター誕生!!
(1980年4月 - 1985年10月)
日本テレビ 土曜17:30 - 18:30枠
全日本プロレス中継
【→19:00 - 19:54へ移動】
お笑いスター誕生!!
(1985年10月 - 1986年9月)