たけしのダンカン馬鹿野郎!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけしのダンカン馬鹿野郎!!
Wangan Studio.jpg
番組の収録が行われたフジテレビ湾岸スタジオ
ジャンル バラエティ番組
放送時間 金曜25:20 - 26:20(土曜1:20 - 2:20)(60分)
放送期間 2014年10月17日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
イースト・エンタテインメント
企画 ビートたけし
演出 牧良昭(イースト)
プロデューサー 吉田宏(イースト)
出演者 ビートたけし
ダンカン
玉袋筋太郎
ビートきよし ほか
エンディング 「STAR DUST」(美空ひばり

特記事項:
協力:オフィス北野
テンプレートを表示

たけしのダンカン馬鹿野郎!!』(たけしのダンカンばかやろう)は、2014年10月17日の金曜深夜25:20~26:20(フジバラナイトFRIDAY内)に放送されたフジテレビバラエティ番組である。ビートたけしダンカン冠番組

概要[編集]

1991年から1996年にフジテレビの深夜に放送されていた『北野ファンクラブ』を意識した形で復活制作されたビートたけしのトークバラエティー。 放送された曜日と放送時間も金曜日の深夜1時過ぎと北野ファンクラブとほぼ同じで放送された。 番組の内容は、たけしが日頃から疑問に思う事をトークネタ(深夜番組の為、下ネタ的な物も多い)として60分しゃべり続ける。北野ファンクラブの時は、たけしの話し相手は高田文夫だったが当番組ではたけし軍団ビートきよしが相手である為、『足立区のたけし、世界の北野』のトークコーナーの様な雰囲気で番組が進行した。 番組のオープニングでは、たけしが登場するまでたけし軍団がトークしている間、たけしが過去に出した歌「I FEEL LUCKY」→「OK!マリアンヌ」→「ロンリーボーイ・ロンリーガール」をBGMとして流れていた。 またスタジオ内のセットも北野ファンクラブの初期にあったミステリーサークル風の様な床面パネルと足立区のたけし時代と同様の白背景にホワイトボード数枚、今回の番組の版画デザインの美術セットが組まれた。北野ファンクラブ時代に使われた照明バトンに設置された天井カメラの映像やエンディングのスタッフロールテロップ書体やエンディング曲に北野ファンクラブのオープニングテーマだった美空ひばりの「STAR DUST」が使われたなど、過去シリーズのディテールを残しつつ番組が制作されていた。 なおビートたけしが『たけしのコマ大数学科』終了後にフジテレビの深夜番組に出演するのは『さんま・中居の今夜も眠れない』と、この番組が放送された6日前の10月12日に放送した『キタノ工務店』以来となる。 フジバラナイトFRIDAY内で特別番組として放送された為、現在レギュラー化して番組が制作される事は未定である。

番組タイトルになっている「ダンカン馬鹿野郎」は、芸人・素人問わずビートたけしのモノマネをする人がほとんど真似る口癖の様なものとされているが、たけし本人は「一度も言った事はない」と発言し、ダンカンも「殿から言われた事は一度もない」と発言している。

テーマ曲[編集]

エンディングテーマ
  • 「STAR DUST」美空ひばり(北野ファンクラブのオープニングテーマ曲) 

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:ビートたけし
  • 編成:南條祐紀(フジテレビ)
  • 構成:斉藤タカシ、ダンカン/〆さばアタル、アル北郷
  • TP:岡本隆嗣
  • TD:川崎昭
  • カメラ:五江渕勝
  • 照明:出口勉
  • 音声:飯塚幸子
  • VE:宮入俊彰
  • VTR:北本崇
  • 音響効果:有馬克己(北野ファンクラブ第1回目からのスタッフ)
  • EED:関口晴央
  • MA:中村裕子
  • TK:伊藤裕子
  • 美術:高松浩則(北野ファンクラブ初期から中期担当のスタッフ)
  • 美術進行:東山浩美
  • 装置:鈴木匡人
  • 操作:坂上好明
  • 衣装:原口恵理
  • 特殊道具:白鳥保夫
  • 持道具:寺澤麻由美
  • メイク:林崎真理子
  • キャラクター版画:とみこはん(オフィス北野・元マネージャー)
  • 技術協力:ビデオスタッフ、エクサインターナショナル、ザ・ホライズン、スカイウォーカー、ザ・チューブ
  • 美術協力:アックス
  • 協力:オフィス北野
  • 収録スタジオ:フジテレビ湾岸スタジオ
  • 演出:牧良昭
  • プロデューサー:吉田宏(北野ファンクラブ第1回目からのスタッフ)
  • 制作:フジテレビ
  • 制作著作:イースト・エンタテインメント