さんま&岡村のプレミアムトークショー 笑う!大宇宙スペシャル!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さんま&岡村のプレミアムトークショー
笑う!大宇宙スペシャル!!
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
放送時間 19:56 - 22:48、23:58 - 24:29(計3時間23分)
放送期間 2011年9月20日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 大友有一(P兼務)
宮下仁志、伊藤慎一(総合演出)
プロデューサー 大友有一(演出兼務)
松崎聡男(CP)
吉川圭三(EP)
出演者 明石家さんま
岡村隆史ナインティナイン
字幕 文字多重放送
テンプレートを表示

さんま&岡村のプレミアムトークショー 笑う!大宇宙スペシャル!!』(さんまアンドおかむらのプレミアムトークショー わらうだいうちゅうスペシャル)とは、日本テレビ系列2011年9月20日の19:56 - 22:48(JST)と、23:58 - 24:29(JST)に放送されたトークバラエティ番組特別番組であり、明石家さんま岡村隆史冠番組でもある。

概要[ソースを編集]

明石家さんま岡村隆史ナインティナイン)が司会としてタッグを組む初めての番組。岡村がさんまに「出会い」を提供することをコンセプトととして、さんまが興味を持つと思われる一般人を岡村がプレゼンし、さんまに引き合わせる。

収録は2日に分けられ、合わせて11時間に及んだ[1]

2011年9月20日19:56 - 22:48に3時間番組として放送されるが、エッジが効きすぎてゴールデンタイムで放送できないトークは延長戦として同日23:58 - 24:29に放送した。

当初は2010年9月に放送する予定だったが、岡村の長期休養により収録そのものが延期となっていた[2]

2012年5月29日19:56 - 21:54には第2弾として『さんま岡村の日本人なら選びたくなる二択ベスト50!SP!』が放送された。

2014年9月29日22:00 - 23:30には第3弾として『さんま&岡村祭り オトコってバカねSP』が放送される。

出演者[ソースを編集]

司会[ソースを編集]

ゲスト[ソースを編集]

ほか

スタッフ[ソースを編集]

  • ナレーション:AMEMIYA(本編)、諏訪部順一(延長戦スペシャル)
  • 構成:大岩賞介安達元一堀江利幸町山広美久保貴義
  • TM:木村博靖
  • SW:渡辺滋雄
  • CAM:山田祐一
  • MIXER:池田正義
  • AUD:藤岡絵里子
  • VE:山口考志
  • 照明:小川勉
  • モニター:吉邑光司
  • 技術協力:NiTRoジャパンテレビ
  • ロケ技術:ヌーベルバーグ八峯テレビ
  • 美術:林健一
  • デザイン:栗原純二、高橋太一
  • 大道具:大川啓介
  • 電飾:柏木淳
  • 小道具:米山幸市
  • 花装飾:松本美智子
  • 持道具:上田薫
  • 衣裳:中島宏人
  • メイク:小野かおり
  • 美術協力:日テレアート
  • 編集:谷崎健一(ALL VISION)
  • MA:荒川望(ALL VISION)
  • 音効:森山顕仁(ヘンドリックス)
  • TK:山際慎子
  • デスク:内野幸
  • 編成:吉無田剛
  • 広報:角田久美子
  • 営業:加藤友規
  • CG:浜根玲奈(teevee graphics,inc.)
  • リサーチ:山口真知子、中原佑、野村直子・田澤雄太(ビスポ
  • 海外コーディネート:一瀬恵美子
  • 映像協力:中野裕之
  • スタイリスト:矢野悦子(さんま担当)、フローティングアイランドジャパン(岡村担当)
  • 協力:吉本興業
  • AD:山本純子、斉藤芳之
  • AP:高橋正子
  • ディレクター:大岡慎介、諏訪一三、那須太輔、塩入修、真船潤、小嶋智仁、冨田大介
  • プロデューサー:小林宏充、高家宏明、植松保弘、浜田和宏、本間正幸
  • プロデューサー・演出:大友有一
  • 総合演出:宮下仁志、伊藤慎一
  • チーフプロデューサー:松崎聡男
  • エグゼクティブプロデューサー:吉川圭三
  • 制作協力:オフィスぼくらSION
  • 製作著作:日本テレビ

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

外部リンク[ソースを編集]