それは秘密です!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
それは秘密です!!
ジャンル ヒューマンバラエティー番組
放送時間 火曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1975年10月7日 - 1987年9月29日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 大滝均
甘利孝
小杉善信
プロデューサー 高橋修之
中山寧
善積康之
出演者 桂小金治
秋本圭子
清水由貴子
ほか、解答者6人
ナレーター 芥川隆行
音声 モノラル放送ステレオ放送
オープニング (作曲:千野寛)
エンディング 同上
テンプレートを表示

それは秘密です!!』(それはひみつです)は、日本テレビ系列局ほかで放送されていた日本テレビ製作のヒューマンバラエティー番組である。日本テレビ系列局では1975年10月7日から1987年9月29日まで、毎週火曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送。

かつての人気番組だったNHK総合テレビ私の秘密』のリメイク版でもある[要出典]

概要[編集]

日本各地のホールで公開録画を行っていた。桂小金治が司会を、秋本圭子(前期)と清水由貴子(後期)がアシスタントを務めていた。最初のCM明けにはジングル無しで、小金治が「雨止んでひと傘を忘る。兎角人間は時の流れに過ぎし日のことを忘れがちなものです。推理と思い出のご対面。それは秘密です!!」と口上するのが恒例になっていた。

番組前半ではゲスト(各チームの一番端)が会おうとしている恩師や肉親などがシルエットで登場し、レギュラー解答者がヒントを示唆するような形で解答していた。さらにゲスト解答者が当てて正解が出ると、その恩師や肉親、思い出の人などを登場させて感動の再会シーンを紹介し、思い出等の(秘)話などを披露していた。なお、視聴者および観客には芥川隆行のナレーションで説明を兼ねて正解を教えていた。この場合は男女それぞれに出題し、相手チームの解答者にはメモ紙を提出して正解を教えていた。そして前半終了後にはゲストの歌が行われていた。その歌は2番目のゲストが歌うのが通例だったが、時々1番目のゲストが歌うケースもあった。

2つ目のCMの後には対面ありのスペシャルゲストのコーナーが行われていたが、こちらでは観客だけに正解を教えていた。その際には小金治がヒントを出していた。さらに、シルエットの人物が横を向くことでそれをヒントにしていた。こちらは両チームが早いもの勝ちで解答権を得て答えていた。正解が近いと観客から拍手が沸いた。コーナー終了後には、清水が番組スポンサーからの出場記念品の贈呈を紹介していた(末期には無し)。なお、クイズパートは正解数を競い合って表彰するということはしなかった。

番組ラストのコーナーでは、それまでのクイズが主体のコーナーとは一転して視聴者が探したかった肉親や兄弟姉妹と再会する、視聴者の秘密さんが登場(このコーナーは小金治のみの進行。最初にアシスタントと二人で並んで、小金治が「今晩最後の秘密さんにおいでにいただきます。どうぞ」と言う)。再会を果たした者同士は勿論、司会の小金治や解答者も感極まって悲しみが溢れる場面が多々見られた。

エンディングでは再会シーンと番組テーマが流れる中、前期には小金治の「そろそろお別れの時間が来ました。来週はどんな秘密さんが登場するでしょうか。○○さん(視聴者の秘密さん)と××さん(探した相手)の幸せを心から祈って、お別れ致します。また来週お目にかかりましょう」という口上で締めくくられた。後期には参加者に関する口上を小金治が述べて終了していた(「制作著作 日本テレビ」のクレジットテロップは右下に表記。末期にはその後に参加者を励ますシーンが放送された)。人物の捜索には大手探偵事務所[どれ?]の協力を得ており、その会社は職業別電話帳(後のタウンページ)の広告でその事を大々的にアピールしていた。

全編でオーケストラとハープが効果的に使われていた。再会コーナーで探していた人が出てくるシーンのBGMには、「赤とんぼ」の一部のアレンジが使われていた。なお、当初はモノラル放送だったが、放送期間中にステレオ放送へと移行した。

番組の終了後、「視聴者の秘密さん」のみが朝のワイドショー『ルックルックこんにちは』金曜のコーナー「桂小金治の涙のご対面」として続けられた。小金治本人がコーナー進行役を務め、テーマ音楽もそのまま使われていた。また、番組終了から6年後の1993年12月31日に放送された『スーパー電波バザール 年越しジャンボ同窓会』で本番組の復活企画が行われ、同特番に小金治と後期アシスタントの清水が出演した。

パネラー(解答者)[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:渋市幸雄、入中秀
  • 音楽:千野寛
  • 美術:宮沢利忠、沓沢昌弘
  • 技術:橋井龍男、須田昌宏、佐藤鉄博、安西忠雄
  • 音声:高島修、高橋修一
  • 照明:関仁
  • 効果:村上義行
  • 演出:大滝均、甘利孝、小杉善信
  • プロデューサー:高橋修之、中山寧、善積康之
  • 制作協力:ユニオン映画
  • 製作著作:日本テレビ

放送局[編集]

系列はネット終了時点のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 製作局
北海道 札幌テレビ
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1980年3月までは日本テレビ系単独加盟局
福島県 福島中央テレビ 日本テレビ系列 1981年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
山梨県 山梨放送
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1981年3月まで
テレビ新潟 日本テレビ系列 1981年4月開局から
長野県 信越放送 TBS系列
静岡県 静岡放送 1978年6月まで
静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列
日本テレビ系列
現:静岡朝日テレビ
1978年7月開局から1979年6月まで
静岡第一テレビ 日本テレビ系列 1979年7月開局から
富山県 北日本放送
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井放送 日本テレビ系列
中京広域圏 中京テレビ
近畿広域圏 読売テレビ
鳥取県島根県 日本海テレビ 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1978年9月までは日本テレビ系単独加盟局
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県
香川県・岡山県
西日本放送 当初は香川県のみ
1983年4月から電波相互乗り入れで岡山県でも放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
熊本県 熊本放送 TBS系列 1982年3月まで
くまもと県民テレビ 日本テレビ系列 1982年4月開局から
大分県 大分放送 TBS系列
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送
沖縄テレビ フジテレビ系列 移行時期不明

エピソード[編集]

  • ナレーターの芥川隆行は番組末期に1度だけ顔出ししたことがある。
  • 司会の小金治は、前述の演出などから「泣きの小金治」の異名を取っていた。かつてはNETテレビ(現・テレビ朝日)系『桂小金治アフタヌーンショー』(本番組のネット局の中には同番組の遅れネットを行っていた局もあり)で若者や政治家らを叱りつける「怒りの小金治」として有名だったが、ここでは180度方向転換し、また新たな代表作となった[独自研究?]
  • 番組中の効果音にはワルツ風のものが多用されていた。また最後の再会のコーナーでは、再会する一方が母親の場合には必ずといっていいほど「かあさんの歌」が流れた。

関連項目[編集]

日本テレビ系列 火曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
三波伸介の家族そろって三つの歌
(1974年4月2日 - 1975年9月)
それは秘密です!!
(1975年10月7日 - 1987年9月29日)
コサキン勝手にごっこ
(1987年10月20日 - 1988年9月20日)