ひるおび!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひるおび!
ジャンル 帯番組 / 情報ワイド番組
放送時間 月 - 金曜日 10:25 - 13:55(210分)
放送期間 2009年3月30日 -(1000回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 恵俊彰ホンジャマカ
八代英輝
江藤愛TBSアナウンサー
JNN NEWS
高畑百合子(TBSアナウンサー)
蓮見孝之(TBSアナウンサー)
伊藤隆太(TBSアナウンサー)
音声 モノステレオ放送[1](編成上の場合)
字幕 リアルタイム字幕放送[2]
オープニング コーニッシュ「play Heath Wind」
エンディング エンディング曲を参照。
外部リンク 公式サイト

特記事項:
11:30 - 11:55に『JNN NEWS』を内包。
一部地域では、『午前』の開始時刻が異なる(詳細は#ネット局を参照)。
放送回数は2013年2月19日放送分までの回数。
過去の放送時間に関しては#放送時間の変遷を参照のこと。
テンプレートを表示

ひるおび!』(英称:HIRUOBI!)は、2009年3月30日からTBS系列にて生放送されている平日情報ワイド番組である。

概要[編集]

2008年11月27日、TBSはコスト削減の一環として、11・12時台の『ピンポン!』、13時台のドラマ枠2本(『愛の劇場』と『ひるドラ』)、そして14・15時台の『2時っチャオ!』を、2009年3月末で終了させることと、それらの後番組としてアラフォー世代をターゲットとした本番組をスタートさせることが同年2月に発表された。

なお、前番組までの直前番組を引継ぎ、TBSのみ同枠で『もうすぐひるおび!』を放送しているが、ネット局(CBC版3分料理ネット局が中心)の多くが『午前』開始を11:30としている(『ピンポン!』では第2部のみのネットとしていた)。11:30からは、これまでの「JNN NEWS」に替わって、新規に「THE NEWS」を放送(現在は「JNN NEWS」に戻っている)。『午前』前半はローカルセールスとなっており、一部地域では自社制作番組などに差し替えている(『午前』前半をネットしている地区でも、日によって自主編成を行うため、差し替えとなる場合あり)。逆に、有事発生時等に通常時の11:30飛び乗り局が臨時でフルネットとしたり11:00飛び乗りとする場合がある。

また番組開始当初、11:55 - 12:00は中部日本放送制作のミニ番組『ひるネタ!おとなの教室』(字幕放送(文字多重放送)を実施。新聞上では、本番組に内包扱い)放送のため、本番組は一旦中断となっていた。

#金曜日13・14時台は本番組ブランドを用いた『えなりかずき!そらナビ』と『バンバンバン』を放送した(なお、2010年3月26日で『バンバンバン』が終了し、同年9月24日で『そらナビ』も終了)。

2014年3月31日の放送で、番組開始5周年を迎えた。

開始当初 - 2010年春[編集]

初代メインキャスターには『2時っチャオ!』から続投で本枠3度目の登板となるホンジャマカ恵俊彰、『イブニング・ファイブ』(2009年3月終了)から移動した小倉弘子が起用された。なお、週刊誌報道で『ピンポン!』のメインキャスターだった福澤朗が起用される可能性も言及されていた。

内容は『2時っチャオ!』を概ね引き継いだ。そのため、生活情報・芸能情報が多く、時事ネタは生活情報に関連付けるもの(定額給付金ETC搭載車の高速道路休日特別割引新型インフルエンザなど)についてのみ取り上げていた。

開始当初は、『午後』の視聴率が2 - 4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。以下略)の間を行き来していた。

夏休みとなる2009年7月20日に再改編を実施。これにより、月 - 木曜の『午後』は全局13:53終了になった。ただし、毎日放送山陽放送中国放送テレビ山口など一部の系列局では再改編を待たずに2009年7月2日(テレビ山口は同年6月25日)で月 - 木曜14時台の放送を打ち切り、およそ3週間だけ13:55までの飛び降り編成となった。

この改編で空いた14時台には、夕方の『サカスさん』が移動する。2009年7月20日以降、月 - 木曜14時台の後番組扱いとして『サカスさん』をネットする局数は11局。7月17日まで『サカスさん』に内含されていた『先出し!THE NEWS』は月 - 木曜16:43 - 16:53枠・金曜16:45 - 16:53枠に移動し、『THE NEWS』(単独番組)として放送される。

この再改編では本番組立ち上げを機に終了した2番組、『ピンポン!』の小森谷徹と『2時っチャオ!』の斎藤哲也(TBSアナウンサー)が再度出演し、両者は過去に担当していた企画を再び担当することになる。[3]

放送内容も、他局でも放送されているワイドショーのような時事ネタなどの報道関連の話題が中心となり不振で再改編、特に2009年8月以降報じられた芸能人に関する薬物事件は、番組のほぼすべての時間を割いて報じた日もあり、8月は視聴率が4%台 - 6%台の推移に上昇、8月7日は当時の番組最高平均視聴率の7.9%を記録。しかし9月以降は視聴率が再び低落し3%台 - 5%台で推移した。

2009年7月22日は、日本各地で部分日食(トカラ列島を中心とした南西諸島では皆既日食)が見られることから、『奥さま劇場』と『もうすぐひるおび!』を枠交換し、10:05 - 11:00に報道特別番組扱いで通常より前倒しして放送された(一部地域を除く・報道特別番組枠はTBSニュースバードでもサイマル放送)。また『午前』を通常フルネットしていない地域の一部でもネットされた。[4]

2009年9月28日から『午後』の開始を5分前倒しし、月 - 木曜は11:55 - 13:50に、金曜は11:55 - 12:50の放送となる(CBC制作『そらナビ』も、10月2日より5分繰り上がって12:50 - 13:50となる)。日替わりで出演していた石黒賢ら4人が降板する替わりに、八代英輝が月 - 木曜のメインパーソナリティ兼スペシャルコメンテーターとして新レギュラーに起用。番組内容は、“いま起きている事に最大限こだわる生放送”として、『ピンポン!』に近い放送時間へ変わり、内容も報道色を強めた企画を中心としたものになった。

中部日本放送制作の『ひるネタ!おとなの教室』が『おとなの教室』へと番組名を変更のうえ、13:50に移動し、『午前』と『午後』の中断は解消された。新聞の番組欄上では『おとなの教室』・『そらナビ』・『バンバンバン』が独立番組として表記されているため、『ひるおび!』TBS制作部分は月 - 木曜版が13:50で、金曜版が12:50で各々終了することになる。

この改編に合わせて、直前ミニ番組『もうすぐひるおび!』が2009年9月25日で終了した。当番組内のショッピングコーナー「ひるしょぴ!」は『買いテキ!通販ツウ』として独立している。

2010年春・秋[編集]

2010年4月2日からは、TBS制作『ひるおび!』金曜版も月 - 木曜同様13:50までの放送。

ニュースコーナーも小川から伊藤に変更、タイトルが「THE NEWS」から「JNN NEWS」(従来のタイトルであるが、「ニュース」も含め英語表記になった)と変わり、金曜午後の全国ニュース枠も現行の12:41頃から月 - 木曜同様13:41頃に変わる[5]

スタジオセットとテロップが変更。5月3日からは、オープニングで「ひるおびハテナ」で使用されている、左側から引き戸のようにフリップを送出する装置を使用してトップ項目を紹介。さらに6月14日からはオープニングを「こだわり3分トーク」コーナーとし、3分間で出演者がトップ項目についてトークするコーナーに変更、6月28日からは「ひるおび!100人に聞きました。」に変更。

MBS制作『バンバンバン』は終了。『そらナビ』は2010年4月2日より13:55 - 14:55に移動して放送。『ひるおび!』の冠が外れ、金曜日も13:49に本番組のENDカードが使用されたため事実上独立番組に。

2010年10月からは、金曜13:55 - 14:55放送かつ後座番組の『そらナビ』終了にともない、金曜14時台もローカル枠(ドラマ再放送枠もしくは各局別自社制作情報番組放送枠)となる。説明用のボードが、「ひるおび! MY PAD」と称する大型タブレット風のタッチパネルモニターに変更された。

2011年春[編集]

3月11日の放送直後に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)で3月14日以降特番構成となり一部のコーナーが休止となった。後述のエンディング曲も自粛となりオープニングで流れるテーマ曲が一時期エンディング共用となった。 この春改編で日本テレビが『DON!』を終了させ『ヒルナンデス!』を開始して以降、視聴率で同時間帯の1位に立つことが多くなっている。2011年4月19日には『午後』において平均視聴率6.6%を獲得し、『スーパーダイスQ』がフジテレビ笑っていいとも!』に抜かれて以来27年ぶりにTBSが同時間帯の視聴率首位を奪還した。これ以降も度々、同時間帯首位の視聴率を記録し[6]、2011年7月19日には『午後』において9.0%を獲得し、同時間帯民放首位並びに番組過去最高を記録した[7]。開始当初、打ち切りも囁かれていたが、結果的には2年を越え、2009年春改編でスタートした番組としては唯一継続している番組となっている。

6月から9月までは節電対策のクール・ビズを導入。男性のレギュラー出演者のうち元々上着を着ていない小森谷・斉藤を除いてノーネクタイとなった(『JNNニュース』枠を除く)。2012年も同様に実施しているが6月6日は恵のみネクタイ着用だった。

2012年春[編集]

2012年3月26日に、再度スタジオセットとテロップが変更。

開始当初から恵とメインキャスターを務めてきた小倉が同年12月末に第2子の妊娠(2012年5月に出産)を発表、3月末をもって降板した。その関係で同年4月より2代目女性メインキャスターとして2013年12月末までは枡田絵理奈が全曜日を担当し、隔週の月曜と水曜のみ江藤愛が担当していた[8]。2014年1月からは、月曜のみ江藤が、火曜から金曜までを枡田が担当する。江藤の登板は枡田が他の曜日のレギュラー番組と掛け持ちとなり、その収録やリハーサルなどの都合によるものとなっている。また天気コーナーについては以前より出演している柏木由紀に加え、新たにAKB48のメンバー4人が日替わりで担当する。

2012年9月26日は、自民党総裁選の中継を放送するため、14:50まで放送を拡大(一部地域のEPGでは『報道特別番組「ひるおび!」』として表記。IBCとNBCは、通常どおり13:50終了)。

2012年の年間平均視聴率で『午後』が5.9%を獲得し、番組開始以来、『午後』において初の同時間帯横並びトップを獲得した(2013年は5.7%、2014年は7.0%)。これはTBSが同時間帯で年間同時間帯視聴率1位となったのも、放送時間で比較できるようになった1988年4月以降で初めてとなる[9][10]。翌2013年以降も同時間帯横並びトップを保持している。

2014年春以降[編集]

2014年3月31日より、枡田が『いっぷく!』担当のため降板し、3代目女性メインキャスターに江藤が就任。

2015年3月30日より、『午前』に新たなローカル枠(11:20 - 11:30)が設定され、『キユーピー3分クッキング(CBC版)』(CBC制作)ネット局でもこのローカル枠での差し替えを行使することで、フルネットが可能となった[11]。『午後』の放送時間を再延長し、13:52までの放送に変更された(本番組の後続番組『ごごネタ!』(CBC制作)が3分番組に短縮される)。またこの日から、13:55開始の『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBC制作[12]・ローカルセールス枠)がTBSでの番組途中[13]までのネット受け開始に伴い、本番組の兄弟番組となる[14]。さらにこれに伴い、同年6月12日まで『ごごネタ!』の冒頭30秒に当番組の恵キャスターらと『ゴゴスマ』の石井亮次キャスターが会話しながらのジャンクション(クロストーク)があてられていた[15]

2015年9月28日より、編成上の音声がステレオに変更されたが、モノラル音源で放送されている現状は変わっていない

2016年4月1日より、前日をもって本番組後続のミニ枠『ごごネタ!』(CBC制作)が終了したため、『午後』がさらに3分後拡大の11:55 - 13:55の放送となり、『ゴゴスマ』と直結。これに伴い、『ゴゴスマ』との接続もステブレレスに変更[16]。また、エンディングのスタッフロールも、横流れ式から座布団式に変更された。

2016年10月3日より「午前」の開始時間を10:25に前倒しする[17]。TBSの発表前には開始時刻を10時頃に前倒しするとの報道もされていた[18][19]

2016年11月9日は、アメリカ大統領選報道のため、9:55 - 10:25に『拡大』パートを設け、『午前』のローカル枠2枠は通常通り設けるも、連続4時間の拡大放送を行った(一部地域では遅くとも11:30までの間に飛び乗り放送となった)。

金曜日13・14時台[編集]

番組開始当初、金曜日13・14時台の放送は中部日本放送(13時台担当)と毎日放送(14時台担当)がそれぞれ番組を制作し、以下の番組を放送。金曜日のTBS制作パートは12時台で終了していた。

放送時間は12:55 - 13:55。2009年10月2日からは12:50 - 13:50。2010年4月2日から同年9月24日までは13:55 - 14:55。
2010年9月24日をもって番組終了。
放送時間は13:55 - 14:55。
2010年3月26日をもって終了。翌々週からは『ちちんぷいぷい』の金曜中継が復活(ただし関西ローカル)、板東も1年ぶりに『ちちんぷいぷい』レギュラーに復帰した。

放送時間の変遷[編集]

期間 放送時間(JST
午前[20] 午後
月 - 木曜日 金曜日
2009.03.30 2009.07.17 11:00 - 11:55(55分) 12:00 - 14:55(175分)[21] 12:00 - 12:55(55分)
2009.07.20 2009.09.25 12:00 - 13:53(113分)
2009.09.28 2010.03.26 11:55 - 13:50(115分) 11:55 - 12:50(55分)
2010.03.29 2015.03.27 11:55 - 13:50(115分)
2015.03.30 2016.03.31 11:55 - 13:52(117分)
2016.04.01 2016.09.30 11:55 - 13:55(120分)
2016.10.03 現在 10:25 - 11:55(90分)
補足
  • 放送時間はTBS制作分のみ。
  • 2009年3月30日から同年9月25日まで11:55 - 12:00は『ひるネタ!おとなの教室』(CBC制作)を放送のため一時中断。

ネット局[編集]

  • ◎印…フルネット(TBS以外は『JNNニュース』におけるローカル枠で差し替え)。
  • ○印…フルネットではあるが、『JNNニュース』におけるローカル枠での差し替え以外に、11:20 - 11:30のローカル枠も差し替え。
  • □印…11:00飛び乗りネットではあるが、『JNNニュース』におけるローカル枠で差し替え。
  • ■印…11:00飛び乗りネットではあるが、『JNNニュース』におけるローカル枠での差し替え以外に、11:20 - 11:30のローカル枠も差し替え。
  • △印…11:30飛び乗りネットではあるが、『JNNニュース』におけるローカル枠で差し替え。ただし、一部局では、「『午前』の『JNNニュース』」と『午後』を別番組扱いとしている局がある。詳細は下記参照。
  • ◇印…月 - 木曜はフルネット、金曜は11:00飛び乗りネットではあるが、『JNNニュース』におけるローカル枠で差し替え。
  • ◆印…月 - 木曜はフルネット、金曜は11:00飛び乗りネットではあるが、『JNNニュース』におけるローカル枠での差し替え以外に、11:20 - 11:30のローカル枠も差し替え。

※2016年10月3日現在。以下時間表記は、すべて日本時間とする。

放送対象地域 放送局 午前
月 - 金曜日
10:25 - 11:55
午後
月 - 金曜日
11:55 - 13:55
脚注
関東広域圏 TBSテレビ 制作局[22]
北海道 北海道放送(HBC) [23]
青森県 青森テレビ(ATV) [24]
岩手県 IBC岩手放送
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF) [25]
山梨県 テレビ山梨(UTY) [26]
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS) [27]
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県
島根県
山陰放送(BSS)
岡山県
香川県
山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送(NBC) [28]
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC) [29]
沖縄県 琉球放送(RBC) [30]
  • 通常時の「午前」のフルネット局であっても、番組開始から11:30まではあくまでもローカルセールス枠のため、局の都合で臨時に飛び乗り時刻を変更することがある。
  • 「午前」のローカル枠の1枠目(11:20 - 11:30)では主に『キユーピー3分クッキング(CBCテレビ制作版)』ネット局においてそれへの差し替えを行うが、同番組のネット局であろうとなかろうと、それ以外の番組への差し替えを行うことも可能となっている。
  • MBSは『選抜高等学校野球大会』の決勝戦生中継する際に非ネットとなる時間帯がある(2014年までは準決勝も生中継)。MBSテレビ以外で地元校出場の試合をネットする場合も同様。
  • RCCは毎年5月3日 - 5日に行われるひろしまフラワーフェスティバルの初日が月 - 木曜のいずれかにあたる場合は、『JNNニュース』を除き、当番組の放送時間に『花のパレード』を生中継している。このため『午後』を13:55 - 15:50に振り替えて、以降の再放送番組と『イマなまっ!』は休止となる(『イマなまっ!』は4月 - 5月の大型連休の週は全日休止)。
  • 『午前』を△としている(「THE NEWS」→「JNN NEWS」からネットする)地域では、新聞紙面上では“『ひるおび!』は11:30開始”となっているが、番組表上では“『ひるおび!』(午後)は11:55開始”という形になっている局もある。
  • 『午前』において、『緊急・重大ニュース』発生時に、△印の局では臨時で「◎」「○」「□」「■」のいずれかに変更されたり、□印または■印の局では臨時で「◎」「○」のいずれかに変更される場合がある。
飛び乗り局の対応
  • 11:00スタートの局 - 10時台の話題をそのまま展開しながら11:00をまたぐ。11:00の飛び乗り局へ配慮して話をいったん止めることもあるが、それをせずにそのまま継続することもある。右上に「ひるおび!」→「日付」が出てくる方式をとっている。
  • 11:30スタートの局 - 「午前」内包の「JNNニュース」に引き続き、「午後」の開始時刻である11:55にテーマソングと右上に「ひるおび!(改行)日付」が出てくる方式(これは、11:00開始時代と変化なし)をとっている。
その他
  • 報道特別番組扱いまたはそれに相当する内容で放送される場合は、放送時間の拡大[31]や、CSTBSニュースバードでも本番組の一部をネット受けすることもある。

出演者(2016年10月3日現在)[編集]

メインキャスター(MC)[編集]

  • 恵俊彰ホンジャマカ) - 『2時っチャオ!』より続投。
  • 八代英輝弁護士) - 2013年3月までは月 - 木曜日のメインパーソナリティー兼スペシャルコメンテーターだったが、2013年4月1日からメインキャスターに昇格。同時に金曜日も正式にレギュラー出演している[32][33]。また、メインキャスター昇格後も番組内ではコメンテーターを兼任。
  • 江藤愛TBSアナウンサー) - 2012年4月2日から2013年12月までは、同僚アナウンサーで火 - 金曜日担当の枡田絵理奈が月曜日の担当も兼ねていたため、枡田が他の収録番組との兼ね合いで出演できない場合(原則として隔週月・金曜日)に出演。2014年1月6日から3月24日までは、毎週月曜日にレギュラーで出演していた。枡田が平日午前中の情報番組『いっぷく!』のアシスタントに起用されたことを機に、同年3月31日から月 - 金曜日まで担当。

コメンテーター[編集]

午前(10時25分 - 11時55分)
  • 立川志らく(落語家、映画監督・評論家、月~金曜日出演、2016年9月までは不定期で出演、2016年10月3日から加入。基本は、午前のみの出演)
  • 横江久美(月曜日出演、2016年10月3日から加入)
  • 福本容子ジャーナリスト毎日新聞論説委員、火曜日午前・金曜日午後(隔週)出演、2009年7月24日から加入)
  • 田中里沙(株式会社宣伝会議取締役副社長兼編集室長、水曜日出演、2016年9月までは不定期で出演、2016年10月5日から加入)
  • 小松美智子声優、木曜日出演、2016年10月6日から加入)
  • 溝口紀子(大学教授、元女子柔道選手、前静岡県教育委員長、金曜日出演、2016年10月7日から加入)
午後(11時55分 - 13時55分)[34]
月曜日
  • 三雲孝江(元TBSアナウンサー、2012年3月までは火曜日担当)
  • 荻原次晴(隔週、2014年3月31日から加入)
  • 竹内薫(隔週、2014年4月より加入)
火曜日
  • 原千晶(2010年10月18日から加入、2012年3月までは月曜日担当)
  • 大谷昭宏(ジャーナリスト、2010年4月6日から加入) - 『ピンポン!』にも出演。
水曜日
木曜日
金曜日
  • 福本容子(2013年4月から隔週 毎日新聞論説委員、2009年7月24日から加入、2016年10月から火曜日「午前」も担当)
  • 三田寛子(隔週 - 2013年3月までは月1回)
  • 宮下純一(隔週、2014年4月から加入)
  • 宮崎哲弥(隔週:政治評論家、2010年4月2日から加入) - 『ピンポン!』にも出演。
    • 2014年4月以降福本と宮下、三田と宮崎のコンビで週交替で出演。

不定期

  • 杉尾秀哉(元TBS報道局解説・専門記者室長、現参議院議員)

※このうち三雲・室井は2009年5月15日までは『午後』(12時発)からの出演であったが、同年5月18日からは『午前』前半(11時発)にも出演している。

リポーター[編集]

コーナー出演者 (担当曜日は2016年4月からのもの)[編集]

番組開始当初より出演

2009年5月15日までは、「新聞そーなんだ!」も担当した。

  • 安東弘樹(月曜日、TBSアナウンサー)- 木曜日は「ひるおびハテナ?」を、月曜日は「ひるトク!」を担当。2014年3月28日までは、月曜日に「ひるトク!」を、金曜日に「ひるおびハテナ?」を担当し、2014年4月から2014年9月までは、金曜日に「ひるトク!」を、木曜日に「ひるおびハテナ?」を担当していた。2016年4月から月曜日に「ひるトク!」を担当。
  • 土井敏之(火曜日、TBSアナウンサー)- 「ひるトク!」担当。2014年3月までは「ひるおびハテナ?」を担当していた。2014年4月から2016年3月まで木曜日に「ひるトク!」を担当。
2009年7月20日から加入
  • 小森谷徹(「業界初! 飛び出す新聞バン!」担当)2011年3月までは、「ワイドショー講座」も担当した。現在は、『午前』のみの出演。
  • 斎藤哲也(「ひるトク!」担当(木曜日)、TBSアナウンサー)- 2014年3月28日までは火曜日から金曜日まで担当し、2014年4月から2014年9月までは、火曜日のみ担当し、2014年10月から2016年3月まで金曜のみ担当。
2013年4月1日から加入
  • ヒデ(「ひるおび不動産」→「直撃!そのスジのイチ番人気!」担当、ペナルティ) 以前はコメンテーターとして出演。
2014年3月31日から加入
  • 小笠原亘(火曜日、TBSアナウンサー)- 「ひるおびハテナ?」担当。
  • 国山ハセン(水曜日、TBSアナウンサー)- 「ひるおびハテナ?」担当。2016年3月まで月・金曜を担当。
  • 小川知子(水曜日、TBSアナウンサー)- 「ひるトク!」担当。
2014年10月6日から加入
  • 小倉弘子(木曜日、TBSアナウンサー)- 「ひるおびハテナ?」担当。番組開始から2012年3月までメインキャスターとしてレギュラー出演して以来2年半ぶりに復帰。2014年10月から2016年3月まで火曜の「ひるトク!」を担当。
2015年4月から加入
  • 笹川友里(金曜日、TBSアナウンサー)- 「ひるおびハテナ?」担当。2016年3月まで水曜を担当。
2016年4月から加入
  • 蓮見孝之(金曜日、TBSアナウンサー)- 「ひるトク!」担当。月 - 水曜日は「JNN NEWS」を担当。
  • 杉山真也(月曜日、TBSアナウンサー)- 「ひるおびハテナ?」担当。

JNN NEWS(2014年10月6日から)[編集]

メインキャスター
  • 蓮見孝之(月 - 水曜日、TBSアナウンサー)(2016年3月28日から)- 『NEWS23』に移動になった駒田健吾と入れ替わり。金曜日は「ひるトク!」、月 - 水曜日は「JNN NEWS」を担当。
  • 伊藤隆太(木・金曜日、TBSアナウンサー)(2014年10月8日から) - 2010年4月から2011年9月まで担当して以来、3年ぶりに復帰。2016年3月までは水 - 金曜日を担当。
  • 高畑百合子(TBSアナウンサー)(2014年4月3日から) - 13時台の「JNN NEWS」と兼務。2014年4月から2014年9月までは月曜日は「ひるトク!」、水曜日は「ひるおびハテナ?」、木・金曜日は「JNN NEWS」を担当。
天気予報
  • 増田雅昭(気象予報士、月・火曜日) - 2015年1月より加入。2016年3月までは月 - 水曜日を担当。
  • 森朗(同上、木・金曜日)- 「THE NEWS」から続投。「ひるトク!」「ひるおびハテナ?」などで気象現象や気象に絡む話題[37]を扱う場合は曜日にかかわらず出演し、解説を担当している。2013年3月までは月・火曜日を担当。
  • 達淳一(同上、水曜日) - 2016年3月30日より加入。

ひるおび!天気[編集]

ワタナベエンターテインメントに所属しているワタナベガールズメンバーが担当している。

2009年4月〜
2012年4月〜
2016年3月25日までは11時台と13時台の2回とエンディングに出演していたが、2016年3月28日から13時台のお天気コーナーが「森さん きょう・あす天気」(森朗担当)となったため、11時台のみの出演となった。
出演曜日が定まっていないため2014年5月までは、前週土曜日または日曜日に「ワタナベガールズオフィシャルサイト」で1週間の出演予定が告知されていた[40]。3人が活動スケジュールの関係で出演できない場合は江藤が担当する[41]。2016年3月までは11時台のみ出演する場合もあった。なお、柏木は2011年8月頃から多忙により、出演機会が少なくなっているが、最近は出番が多くなっている。[42]。2013年9月23日以降は、お天気担当が5人未満のため、週によっては1週間に2〜5回担当するメンバーもいる。

メインパーソナリティー・キャスター一覧[編集]

『ひるおび!』メインパーソナリティー・キャスター一覧
期間 メインパーソナリティー メインキャスター お天気
男性 女性
木・金 月・火 水・木
2009.3.30 2009.9.25 寺脇康文 高橋克典 石黒賢 高嶋政宏 (不在) 恵俊彰 小倉弘子 中上真亜子 柏木由紀 小倉弘子2
2009.9.28 2010.3.26 八代英輝3・4・5 柏木由紀 中上真亜子
2010.3.29 2012.3.30 森田美位子
2012.4.2 2012.11.8 枡田絵理奈6
江藤愛6
枡田絵理奈 枡田絵理奈6
江藤愛6
枡田絵理奈 柏木由紀、倉持明日香高城亜樹[43]
大家志津香佐藤夏希7・8
2012.11.9 2012.11.30 柏木由紀、倉持明日香、高城亜樹、
大家志津香、佐藤夏希[44]仲俣汐里7・8
2012.12.3 2013.3.29 柏木由紀、倉持明日香、高城亜樹、
大家志津香、仲俣汐里[45]7・8
2013.4.1 2013.9.20 (廃止)
2013.9.23 2013.12 柏木由紀、倉持明日香、高城亜樹[46]
大家志津香7・8
2014.1.6 2014.3.28 江藤愛 枡田絵理奈
2014.3.31 2016.4.29 江藤愛
2016.5.2 現在 柏木由紀、倉持明日香、大家志津香7・8
  • 13時台ニュースは11時台ニュースの女性キャスターが兼務(小川・長岡の女性2人体制の時期は小川が担当)。
  • 2 メインキャスターを兼務。
  • 3 番組内ではスペシャルコメンテーターと兼務。
  • 4 2010年1月5日放送分では恵が休暇をとったため、小倉とメインキャスターを担当した。
  • 5 2010年4月1日からは木曜コーナー司会を兼務。
  • 6 枡田の他番組の収録の都合により隔週交代。
  • 7 出演サイクルは特に定まっていない。
  • 8 スケジュールの都合で出演できない場合は女性総合司会が担当する。
  • 2009年8月分の月曜日は、寺脇が主宰する地球ゴージャスの公演により欠席。代理をアグネス・チャンが務めた。
  • メインキャスターの恵は放送開始当初から出演中。

過去の出演者[編集]

その他[編集]

  • 枡田絵理奈(メインキャスター、TBSアナウンサー)
  • 佐古忠彦(JNNニュース、TBSアナウンサー兼報道記者)(2011年10月3日から2014年10月3日) - 『JNNニュース1130』にも出演。降板後、夕方の『Nスタ・第2部(通称:ニューズアイ)』に移動。なお、佐古不在時は伊藤隆太赤荻歩伊藤隆佑が代行。
  • 長岡杏子(JNNニュース、月 - 水曜日、TBSアナウンサー)(2010年4月から2014年10月1日) - 「THE NEWS」から続投。13時台の「JNN NEWS」と兼務。2014年3月28日までは平日全曜日を担当。長岡不在時は岡村仁美小林悠が代行。
  • 駒田健吾(JNNニュース、月・火曜日、TBSアナウンサー)(2014年10月6日から2016年3月22日) - 2006年10月2日から2008年9月28日まで同時間の『ピンポン!』の『JNNニュース』を担当して以来、6年ぶりに復帰。降板後、夜の『NEWS23』に移動。
  • 岡村仁美(月・火、TBSアナウンサー) - 2010年以降は不定期。
  • 山内あゆ(水 - 金、TBSアナウンサー)
  • 外山惠理(水曜日「ひるおびハテナ?」担当。TBSアナウンサー)
  • 内野雅一(火曜コメンテーター、『週刊エコノミスト』編集長) - 『ピンポン!』から続投。
  • 山田道子(木曜コメンテーター、『サンデー毎日』編集長)
  • 高見恭子(水曜日『ファッションチェック委員会』)
  • 麻木久仁子(水曜日) - 『ピンポン!』から続投。
  • 山本文郎(木曜日:元TBSアナウンサー、2009年11月19日から加入) - 2014年2月26日に79歳で急逝。当番組では、翌27日(木曜日)放送分の『午前』冒頭で訃報を伝えた。
  • 金子哲雄(流通ジャーナリスト、月曜日『賢者のお買い物塾(→金子哲雄のマネーの現場)』担当)
  • 高野貴裕(月曜日『お母さん記事ですよ(→賢者のお買い物塾→金子哲雄のマネーの現場)』担当、TBSアナウンサー)
  • 芳本美代子(『ひるコレ!』担当)
  • 深沢邦之Take2、同上)
  • 小川知子(THE NEWS担当、TBSアナウンサー) - 2014年4月よりコーナー司会者として再度出演中。
  • 島崎和歌子ほっしゃん。関戸めぐみ(『もうすぐひるおび!』内、『ひるしょぴ!』担当)
  • IKKO(月曜日「IKKOの美HAPPYクッキング」)
  • 井森美幸(火曜日「美的生活おジャマします」) - 『2時っチャオ!』より続投。
  • 山田愛里(水曜日『クイズどっちがお得?』担当、当時TBSアナウンサー)
  • 和田正人・中村昌也・牧田哲也・中川真吾・三上真史(おとりよせ47に週代わりで出演)
  • マルシア(月曜日コメンテーター)
  • 松田喬和(隔週金曜日:毎日新聞論説委員)
  • うつみ宮土理(金曜日) - ゲスト出演していたが2011年1月より2012年3月まではほぼレギュラーで出演していた。
  • 田中雅美 (隔週水曜日)- 2012年ロンドンオリンピック開催時にスペシャルコメンテーターとして出演。以降正規コメンテーターとして出演。
  • 山村紅葉 (隔週水曜日)
  • ヒデ (隔週木曜日) - 2012年ロンドンオリンピック開催時にスペシャルコメンテーターとして出演。以降正規コメンテーターとして出演。2013年4月以降は水曜日の新コーナーひるおび不動産のレポーターとして出演していた。
  • 松本明子 (月1回金曜日)- 『午後』のみの出演。
  • 尾木直樹[47](月曜日・教育評論家、2010年11月8日~2014年3月24日)
  • かとうかず子 (月1回水曜日) - 2013年3月までは隔週出演。2013年4月から2014年2月まで最終週のみ出演。
  • 北野大(隔週木曜日、2011年10月27日~2014年3月27日)
  • やくみつる(隔週金曜日、2011年4月~2014年3月)
  • 荻原博子(水曜日:経済ジャーナリスト) - 水曜日「クイズどっちがお得?(→家計仕分け人)」担当
  • 大八木淳史(隔週木曜日)
  • 山本匠晃(金曜日、TBSアナウンサー)- 「YGP〜山本"G"プロジェクト〜」担当。2014年3月までは、月曜日から水曜日の「ひるおびハテナ?」も担当していた。同年3月31日からは『あさチャン!』に出演することになったが、「YGP-」のみ継続して担当していた。

主なコーナー[編集]

業界初! 飛び出す新聞バン!

番組開始時から11時台前半は新聞記事を紹介するコーナーである。2009年7月17日までは「新聞そーなんだ!」のタイトルで放送され、12時台にも放送されていた。コーナー名のとおり、フリップ送出装置から新聞記事を貼ったフリップが画面左手から高速で飛び出してくるのが特徴[48]で、そのフリップを小森谷が右手で止めてから紹介している。『ピンポン!』同様に記事に紹介された商品の実物を紹介する「現物入手!」を行っている。

ひるトク!

特集コーナー。トップ項目などその日もっとも注目する話題を独自の取材などで取り上げていく。最初にVTRで報じた後にボードを中心に使って詳細な内容を紹介していく。2014年3月までは番組上のコーナー名は「○○のひるトク!」(○○にはその日の担当者名が入る)となっていたが、2014年4月以降は担当者が曜日別となり単に「ひるトク!」となった。また「ひるおびハテナ?」同様コーナー名が右上に表記される。最近はコーナー名が使われない日も少なくない。

ひるおびハテナ? 3人に聞きました→ひるおびハテナ?

番組開始時からのコーナーであり、政治や経済・社会問題など疑問に感じる一つのテーマを取り上げ、3人の当事者やエキスパートへのインタビューを交えて掘り下げていく。『ピンポン!』でも同様の企画を放送。コーナーの名物として、フリップ送出装置が使用されている。2012年頃からは「3人に聞きました」の名称がなくなり、事実上「ひるトク!」のおまけ版という扱いになっている。また、最近はコーナー名がほとんど使われない。

八代英輝の解決!ジャッジマン
木曜日に放送。2016年に入り、時事ネタ等に絡んだ放送をしている、放送しない週も少なくない。

JNN NEWS(13時台)

報道フロアまたは『ひるおび!』のスタジオから伝える。テロップ類は通常のJNN NEWSに準拠しているが、2010年度からは名前テロップがひるおび!仕様となった。

過去のコーナー[編集]

  • 常識クイズ!どっちがホント?

2015年ごろまで火曜日に放送。健康&カラダ、日本語、天気、 身の回りのモノに秘められた誕生秘話などのジャンルが、週ごとに替わる。2択のクイズ

  • 直撃!そのスジのイチ番人気!

水曜日に放送。その後、1つ別のコーナーがあったが、2015年ごろからは、水曜日はコーナーが無くなっている

演出[編集]

オープニング・番組テーマ曲[編集]

  • 番組開始 - 2009年7月17日 - コーニッシュ「Heath Wind」
  • 2009年7月20日 - 現在 - コーニッシュ「play Heath Wind」

※『午前』を飛び乗る地域ではオープニングテーマ曲が流れない(11:55からの『午後』はオープニングテーマ曲を流さずに本編へ入る)。

歴代エンディング曲[編集]

2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年

スタジオセット[編集]

  • 初代:番組開始 - 2009年7月17日
  • 2代目:2009年7月20日 - 2010年3月26日(先代のリメイク)
  • 3代目:2010年3月29日 - 2012年3月23日
  • 4代目:2012年3月26日 - 現在

スタッフ[編集]

  • ナレーター:服部潤沼尾ひろ子(月・火)、 向井政生(TBSアナウンサー)、渡辺美佐(水 - 金)、 水島裕(ひるおびハテナ・3人に聞きました)、 秋沢淳子(金曜以外で『午前』後半のみ、TBSアナウンサー)、鈴木順(金曜のみ『午前』後半のみ、TBSアナウンサー)(JNNニュース)
  • 構成
    • 月曜日:岩崎元哉、吉村幹彦、新里幸久(新里→以前は、毎曜日担当)、清水園子
    • 火曜日:中村益雄、森光司、新里幸久
    • 水曜日:橋克弘、石川さとし
    • 木曜日:石川さとし、橋克弘、新里幸久 / 恒川省三
    • 金曜日:森光司、新里幸久、佐伯真紀
  • 法律監修(木のみ):刑部志保
  • TM:小澤義春
  • TD:望月隆、伊東修、橋場照幸、斉藤哲也、山田賢司、藤田栄治、宮崎慶太、井上久徳、上村信夫
  • カメラ:中島文章、荻野祐也、斉藤哲也、井上久徳、廣岡達之、橋場照幸、北林良一、水崎雄太
  • VE:姫野雅美、佐藤公幸、鈴木昭平、對間敏文、野上正樹、高橋康弘、荒井秀訓、平子勝隆、粂川高広、宇都宮勝
  • 音声:森和哉、角田彰久、山﨑和敏、樋口晋作、朝日拓郎、宇野仁美、浜崎健、渡邊学、小岩英樹、山羽稔、田中信孝
  • 照明:小尾浩幸、夏井茂之、大村泰一、紺野淳一、矢作和彦、床井弘一、永田泰二、出村紗紅、篠原秀樹
  • 音響効果:半藤徹 / 岡林亜実、小林あかね、黒髪仁美、糸満亜希子、松本亜衣
  • 美術プロデューサー:中嶋美津夫
  • 美術デザイン:古川雅之、宇野宏美
  • 美術制作:宮本旭
  • 大道具:岡野浩典
  • 装置:胡子忠志
  • メカシステム:庄子泰広
  • 電飾:金坂雅之
  • 植木:猿山利昭
  • 花装飾:儀同博子
  • 化粧:菱沼佳子
  • 編成:中谷弥生、杉本篤
  • TK:岸田純子、葛貫朋子、伊藤佳加、三浦涼子、飛田亜也
  • AP:小池由起、吉澤由美子、神在綾香、船原とも子
  • デスク:若菜絵美
  • 公開:齋藤絵里子
  • AD:
    • 毎曜日:大草滉平、大西翼、佐藤胡桃(佐藤→以前は、木曜日AD)、梁瀬晴香、梶夏希、小林昴、原田冴美 / キム・ソネ、竹本理沙、中村克幾
    • 月曜日:丸山汐里、木幡琢磨、松井茉莉、馬場はるか、野田頌子、加藤麗佳、中川和徳、朝野裕介、川端亮祐、井出環
    • 火曜日:村山友美、古谷峰子(古谷→以前は、水曜日AD)、遠藤泰輔、上原知也(上原→以前は、水曜日AD)、加藤綾香、今井花衣、吉野諒 / 山下優貴(山下→以前は、水曜日AD)、齋藤豪
    • 水曜日:吉田和美、峰雪意久、大川美和(大川→以前は、月曜日AD)、別所美佳、山田大輝、岡村崇央、吉田夏星、林路村 / 川井将満(川井→以前は、火曜日AD)、佐藤綾香
    • 木曜日:野月直人、三浦彩美、石川卓磨、依田栞、福山雄二(福山→以前は、毎曜日AD)、佐藤文哉、高田京佳、吉田優作 / 梅林勇人(梅林→以前は、月曜日AD)、本多諒二、鳥海千亜希
    • 金曜日:星野広翔、宮崎純一、山下未来、安倍雅貴、鈴木尊視、山辺綾香、鴨井志穂、平岡紗哉 / 岩崎翔(岩崎→水曜日→火曜日AD)、椿喬祗(椿→以前は、毎曜日AD)
  • ディレクター:
    • 毎曜日:千葉隆寿郎、堀江剛、石橋緑、安田千紘(安田千→以前は、毎曜日AD) / むたゆうじ(むた→以前は、4曜日D→毎曜日→木曜日コーナーチーフ)、酒井隆茂(酒井→以前は、木曜チーフD→企画チーフ)、安田達也、佐々木千秋、檜垣綾(檜垣→以前は、木曜日AD)、堀香奈子(堀→以前は、金曜日AD)、田村裕章(田村→以前は、木曜日→水曜日・金曜日D)、石川智哉(石川→以前は、金曜日AD)
    • 月曜日:近藤宏(近藤以前は、金曜日D)、佐々木誠、武田貴志、阪本千歳、穂積繁、中里勇太、木内謙一(木内→以前は、毎曜日D→水曜日D)、工藤聡、片平知幸、高橋秀平(高橋→以前は、月曜日AD)、吉沢優子(吉沢→以前は、金曜日AD)
    • 火曜日:小松修、渡辺泰裕、呉亘治、大森康彦、川口真世、水嶋孝夫(水嶋→以前は、金曜日D)、松本佳意(松本→以前は、火曜日AD)、渡邊新之輔(渡邊→以前は、火曜日AD) / 近藤佳道(近藤→以前は、水曜日D)、霧生圭太(霧生→以前は、金曜日D→一時離脱)、柳沢(澤)武司(柳沢(澤)→以前は、毎曜日D→木曜日D)、今西麻里絵(今西→以前は、木曜日AD→一時離脱→木曜日D)
    • 水曜日:橋口泰広、山田諭、三原以緒吏、進藤譲、大崎麻衣子、齋藤元輝(齋藤→以前は、金曜日AD→D)、河合桃子、山川祐美恵(山川→以前は水曜日AD)、田中十萌(田中→以前は、木曜日AD→一時離脱) / 中村俊輔(中村→以前は、月曜日D)、渡辺学(渡辺→以前は、月曜日→木曜日D)
    • 木曜日:今田淳史、新庄晃、野村亜矢子(野村→以前は、金曜日→月曜日D)、加藤喬子、内田一成、木村純、西拓真(西→以前は、木曜日AD)、笹川竜生(笹川→以前は、フロアD→月曜日AD)、勝田美咲(勝田→以前は、金曜日AD) / 永所美和(永所→以前は、火曜日D)、柳澤文香(柳澤→以前は、水曜日→木曜日→金曜日D)、對馬智史(對馬→以前は、毎曜日→水曜日D)
    • 金曜日:待鳥彰子(待鳥→以前は、木曜日D)、松原健、磯野友宏、比留間大介、高橋竜平(高橋→以前は、木曜日D)、金子絵美(金子→以前は、水曜日AD→D)、笹川麻未、大田泰知(大田→毎曜日AD) / 飯塚修(飯塚→以前は、火曜日コーナーチーフ)、犬童陽子(犬童→以前は、木曜日→水曜日→木曜日D)、仲公紀(仲→以前は、毎曜日→木曜日AD→D)
  • フロアディレクター:近野裕樹、山下智之、池田圭祐
  • サブチーフ:古場裕之(月、以前は、月曜日D)、萩原亮太郎(火、以前は、火曜日D)、土橋禎久(水、以前は、金曜日サブチーフ)、嶋瀬暁弓(木、以前は、木曜日企画チーフ)、植松直子(金、以前は、金曜日D)
  • 企画チーフ:菅野朋彦(月)、秋山一彦(火)、長野超(金)
  • コーナーチーフ:佐藤剛一(以前は、金曜チーフD)(毎曜日)、
  • チーフディレクター:石田武(月、以前は、月曜日D)、前嶌浩幸(火)、竹本勝和(水、以前は、水曜日サブチーフ)、木下太志(木)、藍澤和広(金)
  • プロデューサー:
    • 毎曜日:寺沢俊哉、増山賢(増山→以前は、月-木曜日→毎曜日→火-金曜日→月-水曜日P)、白石学(白石→以前は、水曜日チーフD)
    • 月曜日:佐々木けいいち(圭一)(佐々木→以前は、金曜日→水曜日→月・水・木曜日P)、富岡裕一(富岡→以前は、毎曜日P)
    • 火曜日:東出諭、山脇伸介(山脇→以前は、毎曜日P)、進東泰典(進東→以前は、火・木曜日→火曜日P)
    • 水曜日:富岡裕一、山脇伸介、福島諒子(福島→以前は、水曜日D→火・水・金曜日P)
    • 木曜日:進東泰典、佐々木けいいち
    • 金曜日:福島諒子、東出諭、山脇伸介
  • 制作プロデューサー:松添美徳(2014年9月1日 - 、以前は火・木曜プロデューサー→2013年4月1日 - 2014年8月29日は、番組プロデューサー)
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーター
  • 構成:村田勢津子、あべ、須平敦宣、大野剛、渡邊勝彦、竹尾明子、南恵子、樋口弘樹、大作麻利、はっぴーふーみん、安田美弥、北島レイ、関和正
  • TM:金澤健一
  • TD:中野啓、川俣充
  • カメラ:江浦友樹、大政則智
  • VE:平井郁雄、宮本民雄、菅沼智博
  • 音声:稲津貴之、小沢冬平、鈴木誠司
  • 照明:西彩乃、鈴木英敬、半田圭
  • 音響効果:新谷隆生、山下祐司、武田美穂、福永真弓
  • 装置:桜井和則
  • TK:鈴木裕恵
  • 編成:岡野保、曺琴袖
  • AD:工藤亮太、塩川篤史、山本卓、郭加持、大澤望、木下美幸、鈴木智也(鈴木→以前は、月曜日AD)、藤森彩夏、守屋琴音(毎曜日)、明智祐輔、吉田麻衣、山内貴志、佐藤元、田口真実、松尾優美、加藤麗佳、浅水淳平、平居千明(月)、村山友美、笠原伊代、小川祐、宮内悠也、田中優、三浦索也(三浦→以前は、毎曜日AD)、田牧比呂未、井手拓也、渡部沙世子(渡部→以前は、木曜日AD)(火)、唐沢泉恵(火・金)、柏葉春奈、川内みほ、中尾真穂、上原謙一、工藤旭(工藤→以前は、火曜日→金曜日AD)(水)、石森充千、田口堅太郎、川合功真、岡仁子、内畠豊、井場央貴、小山みき、高橋拓也(高橋→毎曜日→水曜日AD)、長岡端(長岡→以前は、金曜日AD)(木)、浦野麻衣子、赤阪千明、葛西孝之、鶴巻幸宏、中澤麻美、真山有理、池之迫理絵、村山友佳子、佐藤和歌子(佐藤→以前は、木曜日AD)(金)
  • ディレクター:松本忍(以前は、金曜日D)、山本里実(山本→以前は、毎曜日AD)(毎曜日)、高岡猛、俵和弘(俵→以前は、毎曜日AD)(月)、長谷部真美、新井由梨(新井→以前は、火曜日AD)(火)、兼島誠、磯谷直行、安西基樹、工藤聡(工藤→以前は、水曜日AD)、斉藤睦(斉藤→以前は、水曜日D→水曜日コーナーチーフ)、塩入加菜(塩入→以前は、月曜日D)(水)、福田裕治、須藤美紀、加瀬由佳梨(加瀬→以前は、木曜日AD)(木)、東功一朗、田村浩幸、田中悟志(田中→以前は、火曜日D)、穂積繁(金)
  • フロアディレクター:羽賀理博
  • サブチーフ:遠藤了(月)、相楽充広(火)、森下智己(木)
  • 企画チーフ:鈴木哲也(水)、阪本千歳(木、以前は、木曜日D)
  • コーナーチーフ:三杉雪江(木)
  • チーフディレクター:木村幸一(月)、福田滋固(水)、吉田宏昌(火~金)
  • プロデューサー:吉田映一郎(現:美術センター美術制作部長)、中野匡人(現:情報制作局情報2部長、元:情報3部長)、武井達明、疋田智、荒牧克久、佐藤朋子(佐藤→以前は、金曜日P)、岡崎吉弘、寺田裕紀(寺田→以前は、金曜日→毎曜日D)(毎曜日)、中山佳子(月)-(木)、王堂健一(月)、真下淳(火・木、以前は月・水曜日P)、西岡浩太郎(水)、山根孝之(山根→以前は、毎曜日P)(金)
  • 報道プロデューサー:佐藤夏実(現:情報制作局情報1部長、2009年7月20日 - 2012年6月5日→元:情報4部長)
  • 制作プロデューサー:志賀順(現:情報制作局情報4部長、2009年7月20日 - 2014年8月29日)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2015年9月28日より実施。
  2. ^ 『午前』後半『JNN NEWS』で実施。ただし、ローカル枠を除く。
  3. ^ 小森谷は11時台の新聞コーナーや後に始まる「ワイドショー講座」、斉藤は『2時っチャオ!』の「ニュースチャオ蔵」を踏襲した「ひるトク!」をそれぞれ担当。
  4. ^ そのうち、『キユーピー3分クッキング』ネット局では、この日臨時に設定されたローカル枠(11:19 - 11:30)を行使し、これを通常通りネットした。
  5. ^ 「THE NEWS」の兄弟番組『総力報道!THE NEWS』終了により、タイトル改題。
  6. ^ お昼の番組に異変!! TBS「ひるおび」度々トッププラチナクリア - 文化通信.com 2011年06月16日
  7. ^ 恵が所属するワタナベエンターテインメント取締役・大澤剛のツイート
  8. ^ 高視聴率を記録中の『ひるおび!』に4月から枡田絵理奈アナが登板! アナウンサー生活で初めての“平日昼の女”に挑戦!!(TBSホット情報、2012年3月15日)
  9. ^ TBS系『ひるおび!』初の年間同時間帯トップを獲得 - ORICON STYLE 2013年01月04日
  10. ^ なお、12時台のみの年間平均視聴率では『笑っていいとも!』が同時間帯横並びトップを獲得している(「私服だらけの中居正広増刊号~輝いて~」3冊合計で売り上げ120万部突破! 2012年も12時台年間視聴率第一位獲得! - とれたてフジテレビ 2013/1/31)。
  11. ^ 新設されたこのローカル枠では『キユーピー3分クッキング(CBC版)』をネットしていない局において、それ以外の番組に差し替えるために行使されることもある。
  12. ^ 制作局では2013年4月1日より、東海3県ローカルで15:50までの、同年9月28日からは15:58までの約2時間の枠で放送中。
  13. ^ 2015年9月25日までは14:53まで、同年9月28日から2016年9月30日までは15:51まで。同年10月3日からは15:50まで。
  14. ^ 「ゴゴスマ」東京進出!打倒ミヤネ屋、フジに続きTBSも参戦 Sponichi Annex 2015年3月17日閲覧。
  15. ^ 2016年3月31日まで、『ゴゴスマ』非ネット局では各局出しの番宣CMもしくはステブレを放送。また、『ゴゴスマ』休止時もしくはCBCのみの放送となる場合、CBC・TBSでは各局送出の番宣CMで穴埋め。
  16. ^ 『ゴゴスマ』非ネット局(現在は25局)でも、後続番組とのステブレレス編成になる系列局があるが、逆に13:55:00からCMに入る事実上のステブレ編成になる系列局もある。
  17. ^ [1],ОRICON STYLE,2016年8月31日
  18. ^ [2],東スポWeb,2016年7月28日
  19. ^ 日刊合同通信(2016年8月12日付)に「TBS、「ひるおび」前拡大案・通販番調整鍵」 [3]
  20. ^ 月曜日から金曜日まで共通で、11:30 - 11:55に「JNNニュース」を内包。また、一部ネット局では「JNNニュース」のみ放送。
  21. ^ 一部ネット局では13:55で飛び降り。また、制作局(キー局)以外の一部ネット局の編成・番組表上では、『午前』を第1部、『午後』の13:55までを第2部、『午後』の13:55以降を第3部としていた局がある。
  22. ^ 2009年9月25日まで事前枠『もうすぐひるおび!』(10:50 - 11:00)も放送。
  23. ^ 金曜に限り、9:55 - 10:56に自社制作番組『金曜ブランチ』を放送。
  24. ^ 金曜に限り、10:55 - 11:30に自社制作番組『金曜マルシェ』を放送。
  25. ^ 9:55 - 10:50に自社制作番組『げっきんチェック』を放送。
  26. ^ 金曜に限り、10:55 - 11:25に自社制作番組『ウッティタウン6丁目のカフェ』を放送。
  27. ^ 月 - 水曜9:55 - 11:00および木・金曜9:55 - 10:30に自社制作番組『Soleいいね!』を放送。
  28. ^ 9:55 - 10:50に自社制作番組『あっ!ぷる』を放送。
  29. ^ 木・金曜に限り、10:20 - 10:30に自社制作番組『ときめきワイド』を放送。
  30. ^ 金曜に限り、9:55 - 10:40に自社制作番組『金曜日のゆうわく』を放送。
  31. ^ TBS番組表(11月第2週分)
  32. ^ 2013年3月まで帯で出演できなかった理由は金曜日に日本テレビスッキリ!!』、日曜日に『サンデージャポン』(同時期に双方を降板)へそれぞれコメンテーターとして出演していたからで、恵不在時に限りメインキャスター代理として、金曜日も出演していた。また例外として2013年1月4日は2013年初放送ということもあり金曜日であったが出演した。
  33. ^ 現在では、恵が夏休みなどで不在時は、その週まるまる代理MCを担当する。
  34. ^ 多くのコメンテーター(三田寛子・ふかわりょうを除く)が2016年9月30日までは「午前」のJNNニュースを除く時間(11:00-11:30)にも出演していたが、同年10月3日より「午前」の開始時刻が前倒しされたことを受け、「午後」からの出演となった。
  35. ^ 2011年3月までは金曜日(不定期)に出演。
  36. ^ ただし、2016年4月に発生した「熊本地震」のリポートの際は、「ひるおびリポーター」ではなく「JNN取材団」と表示された。
  37. ^ 北朝鮮ののミサイル発射時期の話題やインフルエンザ流行関連など
  38. ^ 2014年4月24日から2015年5月24日まではNMB48(チームN)との兼任、2015年4月頃からNGT48(2016年1月からチームNIII)との兼任であるが、紹介テロップではAKB48のみのクレジット。
  39. ^ 2015年8月17日まではAKB48メンバー。
  40. ^ 2016年3月現在は、前日夜あるいは当日朝に担当メンバーのTwitterで、担当告知ツイートがされることが多い。
  41. ^ 「ワタナベガールズオフィシャルサイト」では、TBSアナウンサーと案内されていた。
  42. ^ 2011年8月から2012年3月までの期間はほとんど出演せず森田美位子が代役を務めた。
  43. ^ 2012年10月31日まではAKB48(チームA)メンバー。2012年11月1日からJKT48(チームJ)メンバーとなり、2013年4月28日からAKB48(チームB)との兼任。2014年4月23日でJKT48との兼任解除。2016年5月1日にAKB48(チームK)を卒業。
  44. ^ 2012年11月30日にAKB48を卒業したのにともない、降板となった。なお、本番組の出演は、2012年10月22日の出演が最後となった。
  45. ^ 2013年9月23日にAKB48を卒業したのにともない、降板した。なお、本番組へは2013年7月23日に出演したのが最後であった。
  46. ^ 2016年4月30日にワタナベエンターテインメントを退社したのに伴い、降板した。なお、本番組へは2016年4月29日に出演したのが最後であった。
  47. ^ 毎回季節にちなんだブローチをつけており、『午後』のオープニング時にそのブローチをズームアップして紹介する時間が設けられていた。
  48. ^ ただし、深刻な事件や訃報などの場合はゆっくり流れてくる。
  49. ^ ひるおび! エンディングテーマ 山本雅也 blog 2013年1月4日更新
  50. ^ 【Crystal Kay】New Single「サクラ」がTBS系テレビ「ひるおび!」3月度エンディングテーマに決定”. LDH.Inc, (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBSおよびJNN系列 平日昼のJNN NEWS
前番組 番組名 次番組
ひるおび!
-
TBS 平日10:25 - 10:50枠
前番組 番組名 次番組
10時リピート
(ドラマ再放送枠)
※10:05 - 11:00
ひるおび!(午前)
-
TBS 平日10:50 - 11:00枠
もうすぐピンポン!
もうすぐひるおび!
奥さま劇場
※10:05 - 11:00
【10分繰り下げ】
10時リピート
(ドラマ再放送枠)
※10:05 - 11:00
ひるおび!(午前)
-
TBS 平日11時台
ピンポン!
※11:00 - 13:00
ひるおび!(午前)
-
TBS系列 平日11:55 - 12:00枠
ひるネタ!おとなの教室
中部日本放送制作】
ひるおび!(午後)
【この番組から再度TBS制作】
-
TBS系列 平日12時台
ピンポン!
※11:00 - 13:00
ひるおび!(午後)
-
TBS系列 - 木曜13:00 - 13:50枠
前番組 番組名 次番組
愛の劇場
※13:00 - 13:30
ひるドラ
※13:30 - 14:00
【この番組まで毎日放送
中部日本放送が交互に制作】
ひるおび!(午後)
【この番組からTBSが単独で制作】
-
TBS系列 月 - 木曜13:50 - 13:52枠
ひるドラ
※13:30 - 14:00
【この番組まで毎日放送と
中部日本放送が交互に制作】
ひるおび!(午後)
【この期間はTBS制作】
おとなの教室
※13:50 - 13:55
(月 - 金曜日)
【この番組から中部日本放送制作】
ごごネタ!
※13:50 - 13:55
【この番組までCBC制作、
2分・繰り下げ短縮して継続】
ひるおび!(午後)
【ここからTBS制作、2分拡大して継続】
-
TBS系列 月 - 木曜13:52 - 13:53枠
ひるドラ
※13:30 - 14:00
【この番組まで毎日放送と
中部日本放送が交互に制作】
ひるおび!(午後)
【この期間はTBS制作】
おとなの教室
※13:50 - 13:55
(月 - 金曜日)
【この番組から中部日本放送制作】
ごごネタ!
※13:52 - 13:55
【この番組までCBC制作】
ひるおび!(午後)
【ここからTBS制作、3分拡大して継続】
-
TBS 月 - 木曜13:53 - 13:55枠
ひるドラ
※13:30 - 14:00
【この番組まで毎日放送と
中部日本放送が交互に制作】
ひるおび!(午後)
(2009.3.30 - 2009.7.16)
【この番組からTBSが単独で制作】
サカスさん
※13:53 - 14:49
(2009.7.20 - 2009.9.24)
【17時台より枠移動】
ごごネタ!
※13:52 - 13:55
【この番組までCBC制作】
ひるおび!(午後)
(2016.4.1 - )
【ここからTBS制作、3分拡大して継続】
-
TBS 月 - 木曜13:55 - 14:55枠
ひるドラ
※13:30 - 14:00
【この番組まで毎日放送と
中部日本放送が交互に制作】
2時っチャオ!
※14:00 - 15:53
(2006.10.2 - 2009.3.26)
ひるおび!(午後)
(2009.3.30 - 2009.7.16)
【この番組からTBSが単独で制作】
サカスさん
※13:53 - 14:49
(2009.7.20 - 2009.9.24)
【17時台より枠移動】
THE NEWS&買いドキッ!
※14:49 - 14:53
再放送枠
※14:53 - 15:48
TBS系列 金曜12:50 - 12:55枠
前番組 番組名 次番組
ピンポン!
※11:00 - 13:00
ひるおび!(午後・第1期)
【ここまでTBS制作】
ひるおび!・えなりかずき!そらナビ
※12:50 - 13:50
【5分繰り上げ、この番組から中部日本放送制作】
ひるおび!・えなりかずき!そらナビ
※12:50 - 13:50
【65分繰下げ、ここまで中部日本放送制作】
ひるおび!(午後・第2期)
(2010.4 - )
※11:55 - 13:50
【この番組からTBS制作】
-
TBS系列 金曜12:55 - 13:50枠
ひるおび!・えなりかずき!そらナビ
※12:50 - 13:50
【65分繰下げ、ここまで中部日本放送制作】
ひるおび!(午後・第2期)
(2010.4 - )
※11:55 - 13:50
【この番組からTBS制作】
-
TBS系列 金曜13:50 - 13:52枠
ごごネタ!
※13:50 - 13:55
【この番組までCBCテレビ制作、
2分・繰り下げ短縮して継続】
ひるおび!(午後・第2期)
【ここからTBS制作、2分拡大して継続】
-
TBS系列 金曜13:52 - 13:55枠
ごごネタ!
※13:52 - 13:55
【この番組までCBC制作】
ひるおび!(午後・第2期)
【ここからTBS制作、3分拡大して継続】
-