めちゃ×2モテたいッ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「めちゃ²モテたいッ!」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
めちゃ²モテたいッ!
-I wanna be POP!-
ジャンル バラエティ番組
放送時間 土曜 23:30 - 24:00(30分)
放送期間 1995年10月28日 - 1996年9月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監督 片岡飛鳥
プロデューサー 鈴木恵悟
小西康弘
出演者 おだいばZ会
ナインティナイン
岡村隆史矢部浩之
武田真治
雛形あきこ
鈴木紗理奈
光浦靖子オアシズ
極楽とんぼ
山本圭一加藤浩次
ナレーター 木村匡也
音声 ステレオ放送
オープニング テーマ曲を参照
エンディング テーマ曲を参照
テンプレートを表示

めちゃ²モテたいッ!』(めちゃめちゃモテたいッ)は、1995年10月28日から1996年9月28日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のバラエティ番組である。正式タイトルは『めちゃ²モテたいッ! -I wanna be POP!-』( - アイ・ワナ・ビー・ポップ)。通称「めちゃモテ」。放送時間は毎週土曜 23:30 - 24:00 (日本標準時)。

概要[編集]

かつてフジテレビで放送されていたローカル深夜番組『とぶくすり』の出演メンバーが、『とぶくすりZ』『殿様のフェロモン』と断続的な変遷を経て本格的に再集結した番組である。ただし、アイドルがレギュラーに加わるなど、番組のスタイルは大幅に変化した。後に『めちゃ²イケてるッ!』(以下、めちゃイケ)に改題し、ゴールデンタイムへと進出。高視聴率番組となる。

番組は、ナインティナインたちレギュラーメンバーがレストラン「I wanna be POP!」を舞台にゲストと繰り広げるトークコーナーと、彼らが様々な企画に挑戦するバラエティコーナーによって構成されていた。松下電器産業(当時)の一社提供番組であり、同社のCMにはレギュラーメンバーである武田真治雛形あきこが出演。番組中にもPanasonic製品の宣伝をするコーナーがあった。

『とぶくすり』時代から番組制作予算が大幅に増えたことにより、オープニングの収録は全編バハマで行われた(ただしオープニング出演者のうち、雛形だけはスケジュールの都合で都内にて収録していたことが後に明かされた)。『とぶくすり』時代のよゐこのイラストとは対照的なものとなっているが、それは裏を返せば『とぶくすり』と同じことはできないことを意味しており、実際上層部からは「とぶくすり禁止令」が出されたという[1]

番組開始当初、フジテレビ上層部からのナイナイの評価は低く、むしろ武田や雛形をメインに打ち出すことで、上層部やスポンサーサイドからもOKが出された[要出典]。後述の『メントレG』によると、スポンサーへ提出した企画書には武田と雛形がメインMCと記されていた。とぶくすりシリーズで中心メンバーだったナイナイの評価が低かったことで、とぶくすりの他の出演者をレギュラーにすることは不可能だった。番組開始時から唯一レギュラー出演していたバーテン役の山本は、企画書には「バーテン:山本」と極楽とんぼの名前を出さない形で記されていた。当時の松下電器のCMも武田と雛形のみの出演(他番組はメインがCM出演)だった。 

番組最終回当日は、最終回とは別に19:00 - 20:54に『ナインティナインの出世街道!モテさせてくれてありがとうスペシャル!!』を放送。その中でSMAP中居正広を起用した「16時間日本一周」を放送し、この企画は『めちゃイケ』でも大好評企画として長く放送されている(ちなみにこの頃は中居とナイナイは『森田一義アワー 笑っていいとも!』でもレギュラー共演していた)。天敵のケンカ最強佐藤三羽一もこの頃に登場し、日本一周でスタッフが中居をいたぶるきっかけになった。

俳優・お笑いタレントの大隈いちろうはこの番組のアシスタントディレクターとして有名になった。

番組は1年と、当時のPanasonic枠としては短い期間で終了した。番組スポンサーの松下電器から「矢部はすぐ人をたたく」とクレームをついたことが理由と、『めちゃイケ』や『ナインティナインのオールナイトニッポン』でナインティナインが明らかにしている。

「福岡の人気お笑いコンビ」として、当時「鶴屋華丸・亀屋大吉」として活動していた博多華丸・大吉が紹介されており、これが博多華丸・大吉の芸人人生で初の全国ネット番組出演となった。後に華丸・大吉はめちゃイケの人気コーナーシンクロナイズドテイスティングに出演する。

『めちゃイケ』で定番となっている加藤が忘れ去られ、ケンカコントに展開する場面はこの番組で1996年2月17日、24日に放送された「めちゃスキ!IN札幌」が最初[2]。極楽とんぼで加藤のみが途中からの出演だったためである。

雛形が岡村に頬をつねられて本気で怒り出し、岡村の顔を拳骨で殴り返したことは逸話となっている[誰によって?]

オープニングソングにはJUDY AND MARYの「RADIO」や「自転車」が使用され、番組最後のゲストにはメンバーのYUKITAKUYAが出演。『めちゃイケ』の初期のエンディングテーマでもJUDY AND MARYの曲が使用された。

2006年10月6日放送の『メントレG』には、『めちゃイケ』のレギュラー出演者が10周年記念特番の宣伝で出演。過去を振り返るという企画で、『めちゃモテ』時代の映像も流れたが、山本が出る場面については山本自身が起こした不祥事の影響で、トリミング(映像を拡大して山本の姿を消す)を施す、極楽とんぼの映像そのものを流さないなど、極力姿を映さないように編集されていた。当然相方の加藤の姿も映らず、出演者から指摘され、元相方を匂わせるような形で加藤が関係者に謝罪する場面が見られた。[要出典]

『めちゃイケ』2014年5月10日・8月2日・8月9日放送分では、「めちゃ²モテないッ! -I am UNPOPular!-」( - アイ・アム・アンポピュラー)という復活企画が行われた。この企画では当時のセットが再現されていた。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

おだいばZ会」のメンバーがレギュラーを務めていた。

準レギュラー[編集]

  • 佐野瑞樹(フジテレビアナウンサー) - 「モテたいッ!スポーツ」などの司会進行を担当。
  • 内山信二 - 「ヨモギダ少年愚連隊2」「寝起き満開!」などに出演。
  • 江頭2:50 - 「MECHASUKI!」などに出演。

放送内容[編集]

モテたいッ!トーク[編集]

ゲストとのトークコーナー。30分オールトークの回もあった。メンバーの「エーッ!」の声のあとに岡村が一言ボケて始まるのが通例であった。

モテたいッ!スポーツ[編集]

ナインティナインが対決形式でスポーツの様々な「モテる技」に挑戦するコーナー。

  • サッカー
  • バスケットボール
  • スノーボード
  • ウェイクボード
  • 岡村さんの疑惑を晴らしたい!! - バスケットボールの遠投シュートにおいて岡村が奇跡的にカメラにかぶり、そのゴールシーンが映らないというハプニングが発生。岡村は「入った!」と言い張るが誰にも信じてもらえず、めちゃモテ最終回で再度、遠投シュートを行った。その時、デモンストレーションとして矢部が挑戦したが、わずか4投目にして成功するという奇跡を起こした。岡村は374投目にしてゴールに成功し、番組を締めくくった。

MECHASUKI![編集]

日本テレビの深夜番組『DAISUKI!』のパロディ。「寝起き満開!」と称してのドッキリ企画もあった。

  • 大阪
  • 札幌編 - メンバー全員の雪像が作られるが、加藤だけ忘れ去られるというシチュエーションの極楽とんぼのケンカコントがここで誕生。
  • 博多編 - 江頭2:50が初登場。
  • サイパン

俺をこう撮れ![編集]

岡村がプロモーションビデオのパロディの撮影に挑戦するコーナー。

  • Mr.Childrenシーソーゲーム編 - 海の中で波をかぶりながら歌うシーンを、冬の海で再現。
  • 氷室京介VIRGIN BEAT編 - (クレーンの上に乗っているシーン)本人はセットで撮影した部分を実際に港で強風に煽られながら撮影。
  • 郷ひろみ逢いたくてしかたない編 - どしゃぶりの雨にうたれて歌うシーンを極寒の屋外で雨とはいえない大量の水を何度もかぶる三部作の締めに相応しい作品。

その他の企画、コーナー[編集]

テーマ曲[編集]

オープニングテーマ[編集]

  • 自転車(JUDY AND MARY、1995年10月 - 1996年3月)
  • RADIO (JUDY AND MARY、1996年4月 - 9月)

エンディングテーマ[編集]

  • 恋をしようよ(武田真治、1995年10月 - 1996年3月)
  • SPEED (武田真治、1996年4月 - 9月)

スタッフ[編集]

  • 構成:伊藤正宏、御影屋聖(高須光聖)、鈴木工務店、渡辺・プロ(渡辺真也)、すますま-すずき(鈴木おさむ)、元祖爆笑王
  • SW:藤本敏行
  • カメラ:長瀬正人、辻稔
  • VE:塚本修
  • 音声:石井俊二
  • 照明:渡辺啓史、安藤雄郎
  • 音響効果:笠松広司(O.C.B.
  • 編集:中根敏昌(パッチワーク
  • MA:円城寺暁(IMAGICA
  • TK:山口美香
  • 美術制作:須藤康弘
  • デザイン:桐山三千代
  • 美術進行:石川利久
  • 大道具:毛利彰
  • アクリル装飾:早川崇
  • 視覚効果:山ノ内健
  • 装飾:中沢正英
  • 電飾:林将大
  • 衣装:神波憲人
  • 持道具:土屋洋子
  • かつら:川北恭代
  • メイク:春山輝江
  • アートフレーム:佐藤信広
  • CG:岩下みどり
  • 編成:吉田正樹
  • 広報:加藤麻衣子
  • ナレーション:木村匡也
  • 技術協力:ニユーテレス
  • ロケ技術:スウィッシュ・ジャパン
  • 制作スタッフ:中村肇(後期)
  • AP:櫟本憲勝(後期)
  • ディレクター:戸渡和孝
  • 監督:片岡飛鳥
  • プロデューサー:小西康弘(後期)
  • 制作著作:フジテレビ

関連書籍[編集]

  • めちゃ²モテたいッ! めちゃモテBOOK (1996年3月発売、フジテレビ出版、ISBN 4-594-01945-5

脚注[編集]

  • めちゃイケpM8編集プロジェクト(監修・片岡飛鳥)『めちゃイケ大百科事典』フジテレビ出版、2001年(ISBN 4-594-03074-2

関連項目[編集]

フジテレビ 土曜23時台後半枠
前番組 番組名 次番組
めちゃ²モテたいッ!
  1. ^ めちゃイケpM8編集プロジェクト『めちゃイケ大百科事典』フジテレビ出版、2001年、260頁 ISBN 4-594-03074-2
  2. ^ めちゃイケpM8編集プロジェクト『めちゃイケ大百科事典』フジテレビ出版、2001年 ISBN 4-594-03074-2