コサキンルーの怒んないで聞いて!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コサキンルーの怒んないで聞いて!!
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜 19:00 - 19:54(54分)
放送期間 1993年10月13日 - 1994年3月9日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 小堺一機
関根勤
ルー大柴
ほか
テンプレートを表示

コサキンルーの怒んないで聞いて!!』(コサキンルーのおこんないできいて)は、1993年10月13日から1994年3月9日までTBS系列局で放送されていたTBS製作のバラエティ番組である。放送時間は毎週水曜 19:00 - 19:54 (日本標準時)、TBS系全国ネットの放送枠『ザッツ!』で放送。

概要[編集]

ラジオ番組『コサキンDEワァオ!』(TBSラジオ)の企画をそのままテレビ向けにアレンジした番組で、小堺一機関根勤ルー大柴が司会を務めていた。構成担当には、ラジオで構成を担当していた鶴間政行有川周一舘川範雄楠野一郎のほか、君塚良一も迎えていた。

主なコーナーに「おはがきカーニバル」、「パチパチ7」、「秀治の部屋」(後に「秀治と嫁さん」へ発展)、「初めての女装コンテスト」などがあった。

コーナー概要[編集]

おはがきカーニバル[編集]

視聴者からの投稿ハガキを基に展開する投稿コーナー。本コーナーはさらに各種小コーナーに分かれており、コーナーごとに寄せられたネタハガキを紹介。秀逸な作品には、「諭吉賞」と称して賞金1万円を贈っていた。

小コーナーは、様々な曲のフレーズを使ってネタにする「CD大作戦」、2段・3段オチの「絶対ある、絶対ない」「意味ねーベスト3」など、コサキンのラジオ番組から流用したものが主だったが、面白い回文を紹介する「のものもの」は『ラジオはアメリカン』(TBSラジオ)から採用されたコーナーだった。

ネタはゲストに合わせたものが多く、例として離婚直後の明石家さんまや巨乳フーミンなどを取り上げていた。

パチパチ7[編集]

ルーが謎のヒーローパチパチ7に扮してロケを敢行。一般人を参加者に募り、彼らと賞金(賞品)を賭けてゲームをしていた。ロケは毎回7の字が付く場所(○○7丁目、七尾市和倉温泉など)で行われていた。

ルール[編集]

複数の参加者を横一列に並べ、1から順番に一人一つずつ数字を言っていく。途中で7の倍数・7が付く数字(17、27等)に当たったら、数字を言わずに「パチ」と手を打つ。それらの数字を言った場合は「アウチ」(本コーナーでのアウトの意)となる。テンポを徐々に速くしていき、最後まで残った者が優勝。

2008年ごろに世界のナベアツが披露した「3の倍数と3のつく数のときだけアホになる」というギャグがこのゲームと酷似しているが、ネタの出所は本番組ではない(世界のナベアツの項目を参照)。また、コサキンルーの放送以前にも、英語圏で似たようなルールの「Fizz Buzz」という宴席のゲームが行われている。

初めての女装コンテスト[編集]

女装をしたことがない、してみたいという視聴者を募集、女装をさせてスタジオでその出来を競い合うというコーナーで、ルーが司会を務めていた。優勝者には賞金10万円を贈っていた。

最終回では「芸能人大会」と称して行われ、「秀治と嫁さん」にレギュラー出演していた水谷あつしも参加した。

秀治の部屋[編集]

関根が物真似で得意としている大滝秀治に扮し、秀治と和久井映見との架空の日常を(関根の妄想で)繰り広げるショートコントコーナー。

秀治と嫁さん[編集]

上記「秀治の部屋」の発展系コメディコントで、関根扮する秀治が息子の嫁・かず子に扮した小堺と壮絶な嫁舅バトルを展開。毎週様々な女優がゲストで訪れ、秀治と竜二が飲みに来る居酒屋の女将役を演じていた。

登場人物[編集]

秀治
演 - 関根勤
大物俳優。頑固者で、息子の嫁・かず子にいつもいびられている。時には大喧嘩(バスケや雪上ボウリングで対決)することもある。将棋が趣味で、部屋には小物入れを兼ねた将棋の駒(王将)の置物が飾ってある。また、和久井映見のポスターをこっそりと貼っており、「映見ーっ!!」と語りかけるようにポスターと話す。自宅の傍にはいくつも居酒屋が存在しているらしく、夜には場所を変えつつそこで一杯やるのも楽しみの一つ。妻には随分前に先立たれている。
一子
演 - 小堺一機
秀治の息子・柴夫の嫁。舅をまったく敬わないいわゆる鬼嫁で、とことん秀治を邪険にし、夫の柴夫も尻に敷く。秀治の事は「金蔓」くらいにしか思っていない節がある。意外と筋肉質。
柴夫
演 - ルー大柴
秀治の息子で、普通のサラリーマン。気が弱い故にかず子に頭が上がらず、秀治とかず子の間で右往左往している。
守くん
演 - えなりかずき
謎の少年。大滝家でも、居酒屋でも、スキー場でも、一悶着起きている場面にどこからともなく「ちょっといいですか?」と現れ、解決策を提供してくれる。
竜二
演 - 水谷あつし
秀治が立ち寄る居酒屋に必ず先着していて、独り酒を嗜んでいる。言葉数少なで物静かな二枚目だが、そのキャラクターとは裏腹に、突然素っ頓狂な言動をして、周囲を唖然とさせる事も。何故か大滝一家が行ったスキー場にも現れ、「秀治チーム」として対決に参加していた。名前入りのマイ羽子板を所有している。

アドリブコント[編集]

番組最後のコーナーで、関根、小堺、ルー、ゲストの持ち回りで「性格、職業、年齢」のスロットを回し、止まった内容をそのまま演じる。スロットが回っている最中はコズモギャング・ザ・ビデオのステージBGMが使用されている。

関連項目[編集]

TBS系列 水曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ムーブ
テレビ進学塾
(1993年5月5日 - 1993年9月15日)
ザッツ!
コサキンルーの怒んないで聞いて!!
(1993年10月13日 - 1994年3月9日)
楽珍!スポーツ共和国
(1994年5月11日 - 1995年3月15日)