シャウト!!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャウト!!!
アイドリング!!!シングル
収録アルバム ロデオマシーン
SINGLE COLLECTIONグ!!!
B面 I'd Ring(初回盤A、通常盤)
Only One(初回盤B)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2013年 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 コバヤシユウジ ほか
チャート最高順位
アイドリング!!! シングル 年表
サマーライオン
(2013年)
シャウト!!!
(2013年)
キュピ
2014年
テンプレートを表示

シャウト!!!」は、日本の女性アイドルグループ・アイドリング!!!の楽曲。2013年11月13日ポニーキャニオンからリリースした、通算21枚目のシングル[注 1]。楽曲は、ソングライター・コバヤシユウジが制作した。

背景・制作[編集]

前作「サマーライオン」から3ヶ月後に発表した21stシングル。また、翌年にグループを卒業する、リーダー 遠藤舞が参加した最後のシングル作品でもある[3]

2013年8月に、アイドリング!!!から派生した新ユニット・アイドリングNEO(後にNEO from アイドリング!!!に改称[4])のデビューシングル「mero mero」と、後述するCD売上げ対決が企画されたため[5]、同ユニットを兼任する伊藤祐奈後藤郁古橋舞悠関谷真由橋本瑠果佐藤麗奈佐藤ミケーラ倭子の7名は、本作に関わらない18人編成で収録された[6]

表題曲

表題曲の制作は、後の派生ユニット・HIPATTACKの楽曲「太陽のサマサマデイズ」などを制作したコバヤシユウジ(小林祐二)が担当し、前作のc/w曲に関わったシンガーソングライターMEG.ME(作詞)や、BLACK VELVETのギタリスト・加賀爪TADD(作曲)等と共作した。サウンドは、高速BPMとディストーションによる演出などの特徴がある[7]。楽曲は、翌年にリリースする6thアルバムロデオマシーン』に、イントロをリミックスしたアルバムバージョンが再録されている[8]

メインボーカル

前作に続きメインボーカル制を採用。出演するレギュラー番組『アイドリング!!!』内で本年度、特に活躍著しいと判断されたメンバー 酒井瞳朝日奈央菊地亜美橋本楓玉川来夢が選出された[9]。その中から菊地が、楽曲のダンスフォーメーションおよびアートワークのセンターポジションに据えられている[10]

カップリング曲

I'd Ring」は、前作「サマーライオン」に続きソングライター・SAKRAが担当、「Only One」は、元スピカのギタリスト・ハマサキユウジ浜崎裕司)が制作した[11]

収録メンバー

c/w「Only One」はユニット曲として、アイドリング!!!1期生(1st Idoling!!!)が選抜された。

楽曲 形態 メンバー
「シャウト!!!」 全形態共通 遠藤舞外岡えりか横山ルリカ河村唯長野せりな酒井瞳朝日奈央菊地亜美三宅ひとみ橘ゆりか大川藍橋本楓倉田瑠夏尾島知佳高橋胡桃石田佳蓮玉川来夢・清久レイア
「I'd Ring」 初回盤A 通常盤 同上
「Only One」 初回盤B 遠藤舞・外岡えりか・横山ルリカ

リリース[編集]

シングルCDは、初回盤A・B、通常盤の3形態でリリース。初回盤AにはDVDトレーディングカードA(全18種の内ランダム1枚)、初回盤BにはBlu-ray Disc、通常盤の初回生産分にはトレーディングカードB(全18種の内ランダム1枚)の封入特典が付く。また、全形態の初回生産分に「イベント参加券」が封入されている[12]。ほか、イベント会場のみで、ミュージック・カードが販売された[13]

プロモーション[編集]

楽曲のプロモーションで、以下のメディアに出演した。

テレビ番組
ラジオ番組


主催イベント

発売記念の握手会イベントが、以下の日時・場所で実施された。

「シャウト!!!」発売記念 握手会
対決企画

2013年8月29日に、グループの冠番組『アイドリング!!!(地上波版)』で楽曲の発売決定がアナウンスされ、同年7月に加入したメンバーの新ユニット・アイドリングNEO(後にNEO from アイドリング!!!に改称)のデビューシングル「mero mero」と、同日発売される本作との売り上げ枚数の競争を行い、敗者には過酷な罰ゲームが課せられるという連動企画が行われた[14]

スタンプラリーキャンペーン

スマートフォン用アプリ「Stac(スタック)」を利用したスタンプラリーが展開され、レギュラー番組『アイドリング!!!』の番組観覧に応募資格などの特典キャンペーンを実施した。これは、上述の対決企画とも連動している[15]

アートワーク[編集]

ジャケット写真の割り振りは以下の通り。各形態ともメインボーカルのメンバー5人が最前列に据えられている。衣装は、赤と黒を基調とした配色となっている。

形態 メンバー
全形態 酒井瞳朝日奈央菊地亜美橋本楓玉川来夢
初回盤A 外岡えりか河村唯三宅ひとみ大川藍尾島知佳石田佳蓮
初回盤B 遠藤舞横山ルリカ長野せりな橘ゆりか倉田瑠夏高橋胡桃・清久レイア)
通常盤 上記メンバー18名

チャート成績[編集]

オリコンウィークリーシングルランキングでは6位、Billboard JAPANでは5位を記録した。

上述したアイドリングNEOデビューシングルとの売上対決で「mero mero」がランキング14位だったため勝利し、アイドリングNEOは公約通り罰ゲームを実施した。罰ゲーム映像は、アイドリングNEOの2ndシングル「Sakuraホライズン」TYPE-Bに付属するBlu-ray Discに、ミュージック・ビデオ「mero mero(ムキムキver.)」として収録されている。

ミュージック・ビデオ[編集]

リリースに先行して、楽曲の1コーラスバージョンがYouTubeで無料公開された。初回盤A・Bに付属するDVDやBDには、本編を含む2種のバージョンが収録されている。

劇中では、衣装にも共通する「赤」と「黒」を基調としている。そして上記の対決を意識し、アイドリングNEOを年少者に見立てて、アイドリング!!!は「大人の妖艶な魅力で迎撃しノックアウトする」という暗示も込められた、ロックテイストな演出がされている[16]

ライブ・パフォーマンス[編集]

発売記念イベントを兼ねたミニライブが、以下の日時・場所で実施された。

「シャウト!!!」発売記念イベント


ライブイベント

収録曲は、以下のイベント等でライブ披露された[17]

メディアでの使用[編集]

表題曲は以下のメディアで使用された。

シングル収録トラック[編集]

CD(初回盤A)
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「シャウト!!!」 コバヤシユウジ、MEG.ME コバヤシユウジ、加賀爪TADD T-GREEN
2. 「I'd Ring」 SAKRA SAKRA SAKRA
3. 「シャウト!!!」(Instrumental)      
合計時間:
DVD(初回盤A)
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「シャウト!!!」(Music Video)    
2. 「シャウト!!!」(Dancing Ver.)    
3. 「シャウト!!!」(MVメイキング)    
4. 「おまけのシャウト!!!」    


CD(初回盤B)
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「シャウト!!!」 コバヤシユウジ、MEG.ME コバヤシユウジ、加賀爪TADD T-GREEN
2. 「Only One」 ハマサキユウジ ハマサキユウジ ハマサキユウジ
3. 「Only One」(Instrumental)      
合計時間:
Blu-ray(初回盤B)
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「シャウト!!!」(Music Video)    
2. 「シャウト!!!」(Dancing Ver.)    
3. 「シャウト!!!」(MVメイキング)    
4. 「おまけのシャウト!!!」    


CD(通常盤)
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「シャウト!!!」 コバヤシユウジ、MEG.ME コバヤシユウジ、加賀爪TADD T-GREEN
2. 「I'd Ring」 SAKRA SAKRA SAKRA
3. 「シャウト!!!」(Instrumental)      
4. 「I'd Ring」(Instrumental)      
合計時間:


ミュージック・カード
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「シャウト!!!」 コバヤシユウジ、MEG.ME コバヤシユウジ、加賀爪TADD T-GREEN
2. 「I'd Ring」 SAKRA SAKRA SAKRA

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アイドリング!!!名義としては17枚目

出典[編集]

  1. ^ アイドリング!!! シャウト!!! - オリコンスタイル
  2. ^ Top Singles Sales - Billboard-JAPAN
  3. ^ アイドリング!!!遠藤舞が卒業発表 - ナタリー
  4. ^ “新メンバーは石田佳蓮! NEO from アイドリング!!!が最新シングルを9月にリリース”. エンタメNext. (2014年7月11日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=761 2014年9月19日閲覧。 
  5. ^ 新ユニットアイドリングNEO誕生!アイドリング!!!から2人目が移籍! 11月に同日シングル発売予定で売り上げ対決”. PR TIMES フジテレビジョン (2013年9月16日). 2013年11月13日閲覧。
  6. ^ 「アイドリングNEO」に後藤郁が移籍 「アイドリング!!!」と同日発売対決 - 映画.comニュース
  7. ^ “アイドリング!!! / シャウト!!! [Blu-ray+CD][限定]”. CDジャーナル. http://artist.cdjournal.com/d/shout/4113091033 2014年1月12日閲覧。 
  8. ^ 神原孝twitter2015年4月12日
  9. ^ “アイドリング!!!、7年目の大決断−−楽曲へのバラエティ要素の注入は何をもたらすのか”. Real Sound. (2013年11月4日). http://realsound.jp/2013/11/7-1.html 2014年1月12日閲覧。 
  10. ^ 菊地亜美、アイドリング!!!で初のセンター抜擢に歓喜 - RBBtoday
  11. ^ クリエイター ハマサキユウジ - HIGHKICK
  12. ^ アイドリング!!!対アイドリングNEO、前哨戦イベントは万歩計対決 - BARKS
  13. ^ 「シャウト!!!」ミュージックカード発売決定 - アイドリング!!!公式サイト
  14. ^ アイドリング!!!CD売上対決!前哨戦はNEOの勝利!本戦で負けたらあみみがヌード!? - ニュースラウンジ
  15. ^ Stacで「アイドリング!!!」と「アイドリングNEO」の真剣な戦いがスタート! - PRTIMES
  16. ^ シャウト!!! / アイドリング!!! (1コーラスver) - YouTube 解説より
  17. ^ アイドリング!!!中野サンプラザ史上最大25人公演!怒涛の17分メドレーなどセトリも公開 - ニュースラウンジ

外部リンク[編集]

ポニーキャニオンによる紹介ページ