ダウンタウンの裏番組をブッ飛ばせ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダウンタウンの裏番組をブッ飛ばせ!!』(ダウンタウンのうらばんぐみをブッとばせ!!)は、日本テレビ系列1993年12月31日大晦日)、1994年10月4日と大晦日に生放送された特別番組である。ダウンタウン冠番組でもある。

概要[編集]

1969年4月 - 1970年3月まで放送されていた『コント55号の裏番組をぶっとばせ!』をリメイクしたものだが、オリジナルとは異なり、オール野球拳で編成されている。ダウンタウンは野球拳に参加せず進行するのみ。オリジナルはNHK大河ドラマに対抗するべく企画されたが、この番組はNHK『NHK紅白歌合戦』とTBS系列『日本レコード大賞』に対抗するべく放送された。

オリジナルが女性も公開で脱いでいたのに対し、お着替えボックスを用意して着替えることも可能。さらにナインティナインがアポなしで都内の団地へ行って素人の女性と野球拳をしたり、幕張の会場で素人女性1000人が野球拳に参加して優勝者に100万円というコーナーもあり、最初から最後まで野球拳づくしだった。番組は時間が経つごとに過激になり、幕張会場の素人女性が乳房丸出しになったり、スタジオでも岡本夏生全裸になったり、女性タレントが乳房を曝け出したりしていた。

90年代初頭のこの当時はまだテレビ番組の放送コードや規制が緩かった時代でもありこのような内容の番組を放映できる世情ではあったものの、やはりあまりの過激さに視聴者から提供スポンサーである資生堂に抗議の声も上がり、このため1995年の回では、提供を断った[1]

1994年は年末まで日本テレビとフジテレビが年間視聴率争いをしていた。本番組で日本テレビはフジテレビを抜いて視聴率三冠王となった。

本番組は当初、日本テレビ開局40周年記念特別番組の最終枠として1993年の大晦日に放映された『スーパー電波バザール 年越しジャンボ同窓会』の枠で放映されたのを通年化したものであった。

1994年の大晦日には前半部分に1回負けた方にルーレットで出た項目を指示され、5回勝負を1セットとし、5回のうち3回勝った方が勝ち。(初回はどちらかのチームが3セット取ると項目内容が際どくなった)最後半部分を通常の野球拳を行う形になっている。

1995年の大晦日にも『裏番組をブッ飛ばせ!!'95大晦日スペシャル』で全面野球拳路線から前半「腕相撲」、後半「野球拳」(前年と同様の体制、ただルーレット野球拳の項目内容は変わらなかった)の2部構成を放送。ただし、浜田が裏番組『第46回NHK紅白歌合戦』にH Jungle with tとして出場(松本も応援ゲストで出演)したため、この年はダウンタウンが司会を務めることができず、腕相撲は笑福亭鶴瓶ウッチャンナンチャン、野球拳はヒロミ福澤朗(当時日本テレビアナウンサー)、今田耕司東野幸治がそれぞれ司会を務めた(今田と東野は途中参加)。

放送時間[編集]

  • 1993年12月31日 放送時間不明 ダウンタウンの裏番組をブッ飛ばせ!!
スーパー電波バザール 年越しジャンボ同窓会の1コーナー
  • 1994年10月04日 19:00~21:24 ダウンタウンの裏番組をブッ飛ばせ!!'94
特番枠で放送
  • 1994年12月31日 18:30~23:45 ダウンタウンの裏番組をブッ飛ばせ!!'94大晦日スペシャル
2年越し!超超興奮!仰天"生"テレビ!!の1コーナー
  • 1995年12月31日 18:30~23:45 裏番組をブッ飛ばせ!!'95大晦日スペシャル
  • 1996年12月31日 18:30~23:45 紅白なんてブッ飛ばせそんなアナタもお祭りちゃん'96大晦日スペシャル!!

視聴率[編集]

  • 1993年12月31日 9.8%
  • 1994年10月04日 不明
  • 1994年12月31日 15.3%
  • 1995年12月31日 1部13.2%、2部11.8%
  • 1996年12月31日 6.6%

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “テレビの現場 当事者に聞く4 スポンサー 視聴率が高くても客の信用損なっては”. 朝日新聞朝刊. (1996年5月23日)