ダントツ笑撃隊!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダントツ笑撃隊!!
ジャンル バラエティ番組
放送時間 土曜 19:30 - 20:54(84分)
放送期間 1981年10月24日 - 1981年12月26日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
プロデューサー 中島銀兵
出演者 三波伸介
ザ・ぼんち
あのねのね
淡谷のり子
ほか
テンプレートを表示

ダントツ笑撃隊!!』(ダントツしょうげきたい)は、日本テレビ系列局ほかで放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。全10回。日本テレビ系列局では1981年10月24日から同年12月26日まで、毎週土曜 19:30 - 20:54 (日本標準時)に放送。

概要[編集]

主に『お笑いスター誕生!!』出身タレントたちが出演していた番組で、三波伸介ザ・ぼんちが司会を、あのねのね淡谷のり子がレギュラーを務めていた。番組放送開始前には、他局で放送されていた裏番組群のタイトルが入った風船を三波が1つずつ破裂させていくという挑発的なCMを放送していたが、番組は10回で打ち切られた。

司会のザ・ぼんちは、元は裏番組『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)のレギュラー出演者だったが、この番組に出演するためにレギュラーを降りた。番組の打ち切り後、おさむのみが長いブランクを経て『ひょうきん族』への復帰を果たした。

出演者[編集]

司会[編集]

レギュラー[編集]

  • あのねのね - 清水國明は「ダントツマン」、原田伸郎は「マケチャッタマン」として出演。
  • 淡谷のり子 - 「レンダマン」として出演していたが、程なくして降板。以後はゲストがレンダマン役を務めていた。

ダントツメンバー[編集]

コーナー[編集]

ギャグ・コンバット
ダントツメンバーが一芸を披露し、それをレンダマンが審査する。
ザッツ・テレビジョン
ダントツメンバーによる、テレビ番組のパロディコーナー。
ハッとしてドッキリ
アイキャッチのコーナー。街で様々なドッキリを仕掛ける(例:床に粘着テープを貼り、人間をゴキブリの如く貼り付ける。『アリババと40人の盗賊』の如く、呪文を唱えないとドアが開かないなど)。
ダントツ拳
あのねのね担当のじゃんけんコーナー。64人の一般参加者たちが、あのねのねの「ビーム、シュワッチ!!」の掛け声で番組オリジナルのグー・チョキ・パーを出して勝負する。敗者は原田(マケチャッタマン)と共に「負けちゃった、負けちゃった…」と言いながら踊って退場。これを繰り返し、最後に残った人1名が優勝。賞金10万円を獲得。後に優勝者を集めた「全国大会」も行う予定だった。
なお、グー・チョキ・パーは次の様に行っていた。
  • グー:両腕を前でクロスする。
  • チョキ:手を額の上に八の字型にする(『ウルトラマンA』のパンチレーザーの構え)
  • パー:右腕と左腕で十字にする(『ウルトラマン』のスペシウム光線の構え)

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 製作局
北海道 札幌テレビ
岩手県 テレビ岩手
宮城県 ミヤギテレビ
秋田県 秋田放送
福島県 福島中央テレビ
新潟県 テレビ新潟
山梨県 山梨放送
静岡県 静岡第一テレビ
富山県 北日本放送
福井県 福井放送
中京広域圏 中京テレビ
近畿広域圏 よみうりテレビ
広島県 広島テレビ
徳島県 四国放送
香川県・岡山県 西日本放送
愛媛県 南海放送
高知県 高知放送
福岡県 福岡放送
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
当時クロスネット局
山形県 山形放送
長野県 テレビ信州
鳥取県島根県 日本海テレビ
山口県 山口放送
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
当時トリプルネット局
鹿児島県 鹿児島テレビ
長崎県 長崎放送 TBS系列
日本テレビ系列 土曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
爆笑ヒット大進撃!!
(1980年10月18日 - 1981年9月19日)
ダントツ笑撃隊!!
(1981年10月24日 - 1981年12月26日)
土曜トップスペシャル
(1982年1月16日 - 1985年9月28日)