THE ビッグ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
THE ビッグ!
ABCホール.JPG
番組の収録が行われていたABCホール
(2008年撮影)
ジャンル クイズ番組/ゲーム番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
出演者 板東英二
桂文珍
笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴志
稲川淳二
安部憲幸
ほか
THE ビッグ!(第1期)
放送時間 土曜 23:20 - 24:15 (1979年8月 - )
土曜 23:15 - 24:20 (1980年10月 - )
放送期間 1979年8月25日 - 1982年4月3日
THE ビッグ!(第2期)
放送時間 日曜 11:00 - 11:45 (1983年3月 - )
月曜 23:30 - 24:32 (1984年4月 - )
放送期間 1983年3月6日 - 1984年10月15日
THE ビッグチャンス!
放送時間 日曜 10:00 - 11:00
放送期間 1984年10月21日 - 1985年3月31日
生クイズだよ! 日本全国THEビッグチャンス
放送時間 日曜 10:00 - 11:00
放送期間 1985年4月7日 - 1986年3月30日
テンプレートを表示

THE ビッグ!』(ザ・ビッグ)は、1979年8月25日から1986年3月30日まで放送された朝日放送ABCテレビ)制作のビンゴを使ったクイズ&ゲーム番組である。

本項では、リニューアル後の『THE ビッグチャンス』および『生クイズだよ!日本全国THEビッグチャンス』についても触れる。

概要[ソースを編集]

関西ローカル時代[ソースを編集]

当初は関西ローカル深夜番組で、毎週土曜 23:20 - 24:15 (JST) に放送されていた(1980年10月からは放送枠が10分拡大し、土曜 23:15 - 24:20に放送)。ABCホールからの非公開生放送で、板東英二桂文珍笑福亭鶴瓶の3人がレギュラーを務め、安部憲幸がアナウンスを担当していた。また、他に明石家さんまが外からの生中継を担当していたが、さんまは早々に降板した。

この当時のゲームは、生放送中に実際にビンゴゲームを数回行い、あらかじめ視聴者に配られたカードで放送中に選ばれた数字が毎回異なる特定の枠(L字やT字など)内に収まった人が番組に電話を掛け、最初に通じた視聴者が賞品を賭けたクイズに挑戦するというものであった。ビンゴの確認はカードに書かれたコードナンバーを視聴者が申告すると、司会者の3人の「チェック!!」の掛け声とともにスタジオの表示板にそのカードの数字が表示され指定された赤枠の中に選ばれた赤い数字が全て収まっているかどうかで確認された。賞品の中には、後年での放送と同様に「三菱・ミラージュ」もあった。ビンゴの番号を読み上げたのは、当時は外国人女性だった。また、ビンゴの開始の際に司会者の3人が「ビンゴシュート!!」と声を揃えて発していた。音楽は芹澤廣(現・芹澤廣明)が担当。初期のテーマ曲「セクシー・ウィンド」も彼の歌唱である。この形態での放送は1982年4月3日放送分をもって一旦終了し、最終回では「さよならTheビッグ!」と題して放送された(この日には23:20 - 24:45と放送枠を拡大)。

番組はその後、1983年3月6日に放送を再開。放送枠を日曜 11:00 - 11:45へ移し、ABCホールでの公開録画番組として放送されるようになった。放送再開時には鶴瓶が降板し、替わって鶴瓶の弟弟子である笑福亭鶴志がレギュラーに加わった。また、放送再開時にはネット局も付くようになり、系列局の北海道テレビが毎週土曜 11:00 - 11:45に放送していた。

しかし、1984年4月1日放送開始の『Do-Up歌謡テレビ』から同日曜11:00枠でテレビ朝日制作番組を同時ネットするようになった影響で、番組は1984年4月9日から毎週月曜 23:30 - 24:32に放送されるようになった。この枠での放送は、全国ネット化直前の1984年10月15日に終了した。

全国ネット時代[ソースを編集]

1984年10月21日からは『THE ビッグチャンス!』と名を改め、毎週日曜 10:00 - 11:00に放送のテレビ朝日系全国ネット番組として放送されるようになった。この全国ネット化を果たした際に鶴志が降板し、替わって稲川淳二がレギュラーに加わった。また、全国ネット化以後は番組前半で視聴者2チームによる対抗戦形式での商品獲得クイズ&ゲームコーナーを、後半でビンゴコーナーを行うようになった。

1985年3月までは関西ローカル日曜昼時代と同様にABCホールからの公開録画だったが、1985年4月に『生クイズだよ!日本全国 THEビッグチャンス』と改題。以来、番組自体が終了する1986年3月までは、関西ローカル土曜深夜時代と同様にABCホールからの非公開生放送となった(スタジオ運用の都合上、ABCエキスタが使われたこともある)。また、同年10月からはゲームコーナーを廃止し、1回目のビンゴで選ばれた視聴者が電話で「フットワークうまいもの便」などの賞品を賭けたクイズに挑戦するという形に変更された。これも関西ローカル土曜深夜時代のクイズとほぼ同様の進行方式である。公開放送時代から自動車を獲得した観衆を称えて天井から大量の紙吹雪が降り、エンディングまで降り続くという演出があったが、非公開になってからもエンディングの紙吹雪のシーンは引き続き行われていた。

なお全国高等学校野球選手権大会が行われる8月盆期はABCテレビではそれを優先するため、ABCから系列ネット局向けの裏送りを行い、ABCでは別時間帯に録画で放送された。

ビンゴカード[ソースを編集]

放送時期・配布方法により3種類が存在する(全て5×5の枠に1〜25までの数字をランダムに配置したもの)。

ビンゴカード(一般視聴者用)
視聴者が朝日放送に往復葉書で申し込み、復片に貼付する形で配布された。(抽選でよるもので、抽選に漏れた分の復片はがきは朝日新聞厚生文化事業団に寄付。)深夜『THEビッグ!』時代から『生クイズだよ!』終了まで存在。
ビンゴカード(スタジオ参加者用)
公開放送の期間のみ存在。スタジオの観衆にビンゴカードを配布してビンゴに参加させたもの。
ローソンビンゴカード
『Theビッグチャンス』から登場。ローソンで一定額の買い物をした客に対し配布された。通常のビンゴに参加できたほか「ローソンビンゴカード」のみを対象としたビンゴも1回行われた。
なお、ローソンは番組スポンサーでもあったが当時は全国出店をしておらず、未出店地域のネット局では一部を除いてローソンはスポンサーに入っていない(公共広告機構(現:ACジャパン)や筆頭提供に繰り上がった日本文化センター(ローソン提供地域はサブスポンサー。筆頭提供地域はCMを1本増枠)などのCMに差し替え)。この対象ビンゴの時間帯も別撮りされた出場者募集のお知らせや一般視聴者用ビンゴカードの入手方法を案内する映像に差し替えられていた。

放送局[ソースを編集]

全国ネット化(『THE ビッグチャンス』)以降の局を以下に記す。

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

朝日放送 土曜 23:20 - 24:15(23:15 - 24:20)枠
前番組 番組名 次番組
花の駐在さん(再放送)
THE ビッグ!
(1979年8月25日 - 1982年4月3日)
てれてれ枝雀
(23:20 - 23:30)
浪花なんでも三枝と枝雀
(23:30 - 24:15)
朝日放送 日曜 11:00 - 11:45枠
世界一周双六ゲーム
【日曜19:00に移動】
【全国ネットに変更】
THE ビッグ!
(1983年3月6日 - 1984年3月25日)
【ここまでABC制作&関西ローカル
Do-Up歌謡テレビ
【ここからテレビ朝日制作枠】
朝日放送 月曜 23:30 - 24:32枠
戦争の嵐(再放送)
(23:25 - 26:00前後)
THE ビッグ!
(1984年4月9日 - 1984年10月15日)
単発番組枠
テレビ朝日系列(朝日放送制作) 日曜 10:00 - 11:00枠
THEビッグチャンス!

生クイズだよ!
日本全国 THE ビッグチャンス
(1984年10月21日 - 1986年3月30日)